2010年12月07日

辻元清美議員が離党したので社民党は致命的ダメージを回避できた?

902 名前:闇の声
投稿日:2010/12/07(火) 09:51:03

聞いた話では、辻元の亭主が手に入れた情報の中には、警察官の身辺情報がかなりあるとか。

そうなると誰が得をするのか・・・何の為に公開するのか・・・そして、ここへ来てグリコ事件の事が記事になっている・・・良い流れではないな・・・

辻元が社民党を離れ、民主党の小沢と近い等流れていて、そうなると社民との連立にどう関わってくるのか・・・その様な人物が政権に近い処にいる事実を国民は深刻に受け止めないとね。



《備考》

☆第三書館
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%9B%B8%E9%A4%A8

2010年11月に、警視庁外事三課の内部資料とみられる国際テロに関する資料がインターネット上に流出する事件があった。第三書館は、日本に在住するイスラム系外国人の個人情報が記載されている問題の文書を『流出「公安テロ情報」全データ』として書籍化し出版した。同書には、捜査対象とみられる人々のほか、捜査協力者および国際テロ捜査を担する警察官の氏名、写真など個人情報も掲載された。

社長の北川明は、「警察の情報管理の甘さを問題提起したかった」とコメントしている。

警視庁は問題の資料が内部から流出したものであると認めていないため、著作権の侵害を理由とする出版差止めなどの措置を取ることができない。また捜査資料に創作性があるのかも問題となる。資料に個人情報が記載されたイスラム教徒の男性らは、28日にプライバシー侵害、名誉棄損を理由とする仮処分申請をおこない、東京地方裁判所は翌日29日に本の販売・増刷を禁止する決定を下した。



posted by はなゆー at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらず「事情通」というプライドの上に胡座をかいて下々の者を見下ろす「闇の声」氏に伝えて欲しい。『万人に判りやすく』と。
Posted by 人 at 2010年12月07日 22:18
闇の声は真実「闇(から)の声」。
詰まりは既得権益派の走狗であり、情報操作の為に時々は真実を出すが、殆ど最近は既得権益派の願望駄々漏れで妄想著しい。
稀に出る真実を掬い上げるのが情報リテラシーなんだけど、闇の根っ子がある右翼業界の著しい金欠に、最近は大分苦しんでるみたいだ。
Posted by 田仁 at 2010年12月09日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。