2010年12月12日

「政府主催」の拉致問題集会に出席した国会議員はわずか2名

有田芳生(民主党。参議院議員)
http://twitter.com/aritayoshifu/status/13561424747962368
政府主催の拉致問題の集会。仙谷由人さんの挨拶のあと、出席している国会議員が紹介された。そんなことは知らなかったが立ち上がり頭を下げる。出席議員が私1人であることに愕然とした。集会途中に衆院議員が1人駆けつけた。代理出席は5人。それだけ。政府主催だということをもういちど書いておく。


有田芳生(民主党。参議院議員)
http://twitter.com/aritayoshifu/status/13572801956941825
政府主催の拉致問題での集会。拉致対策本部は拉致議連の役員すべてに案内状を出したのに、出席はゼロ。蓮池薫さんの思いとともにそんなことどもを明日書きます。


             ↓


950 名前:[ ^ω^]白薔薇のプリンス ◆8KZzOjGpx. [sage]
投稿日:2010/12/12(日) 00:44:17 ID:7TbQWM9C [1/6]
最新の拉致議連の役員とかメンバーってどうなってるの?
超党派の任意団体なんだよね?



967 名前:[ ^ω^]白薔薇のプリンス ◆8KZzOjGpx. [sage]
投稿日:2010/12/12(日) 00:58:26 ID:7TbQWM9C [4/6]
安倍さんや平沼やジンジンもバックれたってことか



977 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/12/12(日) 01:04:13 ID:msp6trvj [9/10]
平沼は拉致議連会長なのにねえ

情報力

情報力

価格:1,680円(税込、送料別)




posted by はなゆー at 01:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人は「気持ち」崇拝が異様に強く、結果として非科学的な「竹槍でA29に立ち向かう」「戦艦大和で空母に対抗する」「宇宙戦艦ヤマトで望み薄な一か八かの賭けに出、最終的に絶望的状況を招く」等の蛮勇を喜ぶが、合理的且つ第三者的見地からは只単に自虐的で愚か。
気持ちや口先三寸の言葉より行動が結果を齎す。
例えば二八蕎麦が「小沢の為に菅をディスる」とドンなに気持ちを強弁しても、結果的には民主党政権ソノものの弱体化を招き、仮に誰が首相になろうと次は更に米国への譲歩を迫られる。
鳩山の次は菅であろうが仮に小沢であろうが、鳩山より弱い態度しか取れないのと同様に、だ。
詰まり二八蕎麦は気持ち崇拝が邪魔して現実を直視出来ないが、真実は米国に奉仕して居る。
とコノ様に、気持ち崇拝の御託はサテ措き現実を見るならば、拉致問題は右翼に乗っ取られて以降、家族会が何を言おうと「解決では無く未解決に据え置いて政治利用の道具に温存する」事が選択された。
この場合、気持ちは全く関係無い。
死ぬ迄に解決して一目会いたいとか、単なる御題目に過ぎない。
家族会が「経済制裁を選択した」からには、接触は切れて未解決を尊んだのだから。
故に、出席者数を数える、形式論の典型に逃げ込むより他に、話としても内容が無いのだ。
行動として未解決が好ましいと選択したなら、本来的には結果も受け入れるべき。
所が気持ち崇拝に限って自身の矛盾する言動には気付かず、万事悪い結果は他人の所為になる。
ソレはヨリ一層の悪循環を招く。
Posted by 田仁 at 2010年12月12日 05:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。