2010年12月16日

自民党が機関紙のデザインを一新、イメージ戦略や広報戦略にテコ入れ

☆機関紙で新デザイン=自民 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000138-jij-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo102/msg/325.html

最優秀賞を獲得したのは横浜市の羽室吉隆さん(28)で、「自民党は生まれ変われると思う? 」との質問の下に、「YES」「NO」のボタンを配した図柄。自民党再生について回答を迫ることで、読者を巻き込むという巧妙な仕掛けだ。



☆自民党 機関紙リニューアル (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000075-mai-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo102/msg/327.html

インターネット投票を模して読者との双方向性を意識したデザインが高い評価を集めた。


★なお、自民党ホームページのシャドウ・キャビネット(影の内閣)紹介コーナー
http://www.jimin.jp/sc/
はユーチューブ動画を多数埋め込み、これまたデザイン的にはかなりすぐれている。


★自民党の「新しい皮袋に古い酒を入れる」金メッキ作戦(厚化粧作戦)は相当有効であると思われる。

posted by はなゆー at 20:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
理屈抜きの(好)イメージこそがB層にウケる。
文字情報は論外。
てか、基本は、せめて文字なら靖国原理主義カルトが多用する「単純な内容のインプリンティング反復」がギリギリの限界。
「考える」「参加する」は明白にアウト。
Posted by 田仁 at 2010年12月16日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック