2011年01月01日

社民党党首は元旦のツイッターで「貧困問題」を語るべきであったとの声

※ 一年の計は元旦にあり。


福島みずほ(社民党党首)
http://twitter.com/#!/mizuhofukushima/status/20861367321886720
明けましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いします。 今年が本当にいい年になりますように! もっといい社会になるよう全力でがんばります!


福島みずほ(社民党党首)
http://twitter.com/#!/mizuhofukushima/status/21149990340530176
宮崎の焼酎、百年の孤独を飲む。おいしい。いいお正月を!

            ↓

shown
http://twitter.com/#!/idzumics/status/21161229133291520
宮崎から美味しいお酒のtweetした某党党首さん、勘弁してください。年末派遣村があったあの時の勢いはなくなりましたか?

posted by はなゆー at 20:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正月だもの、許してやってよ
Posted by 介護員 at 2011年01月01日 21:37
人間だもの。
ずっと集中って訳には行かないよ。
Posted by 田仁 at 2011年01月02日 02:12
この批判は重箱の隅を突いてるようにしか見えない。
Posted by a at 2011年01月02日 10:37
去年おととしの派遣村フィーバーに便乗して
票をかせいだ偽善者たちに
今年鉄槌が下るだろう

ついでに国民の税金でうまい酒飲んでいる田仁にも
鉄槌が下ればいい年になる
Posted by 植草 at 2011年01月03日 01:52
何を新年早々妄想を逞しくしてるのか知らんが。
派遣村「フィーバー」なるモノが、そもそも存在しない。
血税から巧い汁を吸うのが天性の権利と信じる世襲官僚や極右政治家、更にソノ傘下の右翼共だけが、アレを苦々しい思いで「フィーバー」と見て居た。
日本の爺婆は、アレを見てやっと日本がどんな状況か、事態を悟った。
大多数の現役世代は、内心「うわ、やば!」と思いつつも心の平安の為にスルーした。
アレは社会的にマイナスを幾分かでも補填する為のモノで、フィーバーじゃない。
おまけに、アレは票に繋がってない。
未だ嘗て、派遣社員層が票田となった事は無い!
だから派遣を規制する法律が制定出来ないんだろ。
(だから実は、次の都知事に湯浅誠氏を押すより、未だしも保坂展人氏を推した方が良かろう。「結果」と言うものはソウ遣って出る。」)
更には、私は税金なんぞ鐚一銭使ってないよ!つの。
酒も飲んでないし(実は全部素面)。
だから鉄槌は、コレまで散々血税の巧い汁を吸って来た下野なう勢力に下るだろう。
Posted by 田仁 at 2011年01月03日 19:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック