2011年01月20日

民主党政権「自衛隊の米軍に対する洋上補給を公海でも可能にする」

☆政府、周辺事態法改正へ 公海へ補給支援拡大 (共同通信)

http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011011901000880.html

http://www.asyura2.com/10/warb7/msg/209.html

自衛隊の米軍に対する洋上補給が可能な地域を現行の日本領域から公海へ拡大するのが柱で、早ければ今秋にも改正案を国会提出する。

(略)

ただ米軍の武力行使との一体化に対する懸念がある。

              ↓

Sousuke Chihara
http://twitter.com/#!/sousuke_c/status/27845900235706368
折角鳩山政権で止めたのに。またアメリカから高値で燃料を買わされてタダで給油するのか…



☆共産党、社民党に護憲を語る資格はない
(天木直人氏のブログ。1月13日)
http://www.amakiblog.com/archives/2011/01/13/#001797
これはもはやどこからみても憲法9条否定だ。閣僚は憲法を守らなくてはいけないという憲法99条の憲法遵守義務違反だ。天下の護憲政党である共産党や社民党が、直ちに北沢防衛相の罷免要求をしなくて何が護憲政党か。政党や政治家が護憲の先頭に立たなければ誰が憲法を守るというのか。
(略)
ここで北沢大臣の更迭についてひと言も発しないとすれば、もはや共産党や社民党は自らを護憲政党と名乗る資格はない。それでも共産党や社民党を支持する者たちは、憲法9条を守れなどと人に語るべきではない。

posted by はなゆー at 08:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに天木直人の言うことにも一理あると思うが、天木が某国のエージェントであるという噂の方が気になる。
それから、民主党内にも護憲勢力が存在するのだから、社民党共産党は彼らと共闘しない手はないだろう。
様々な「しがらみ」を超えて頑張ってほしい!

※天木は護憲政党の駆逐を「ボス」から命じられていると前々から感じているのだが、思い違いだろうか。
Posted by a at 2011年01月20日 09:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック