2011年01月20日

〔ウィキリークス〕千葉県在住のブロガーやきとり氏が東京新聞を読んだ

土佐の酔鯨(東京在住)
http://twitter.com/#!/tosa_suigei/status/28019116266749953
ウィキリークスが公開した米国外交文書:昨年2月。「小鳩ではなく、菅と岡田と直接話しあえ」と韓国外交保安首席秘書官と会談したキャンベル米国務次官補。この前日にキャンベルは小沢一郎と会談し小鳩政権は米国の防衛戦略に乗ってこないと判断した。(米が望んだ菅首相?東京新聞こちら特報部)


土佐の酔鯨(東京在住)
http://twitter.com/#!/tosa_suigei/status/28022976460886016
小鳩政権時代の昨年2月。キャンベル米国務次官補は鳩山・小沢に不信感をもち「菅と岡田と直接話しあえ」と菅首相を望んだ?(東京新聞)。



☆隷属(謙遜と謙譲の音楽)
http://ch10670.seesaa.net/article/181676913.html
2011.1.20 東京新聞「こちら特報部」より

画像その1
https://ch10670.up.seesaa.net/image/tokyo1-thumbnail2.JPG

画像その2
https://ch10670.up.seesaa.net/image/tokyo2-thumbnail2.JPG




《関連記事》

☆米韓高官が民主政権、自民と「全く異なる」で一致 ウィキ外交公電で判明 (2010年11月30日の産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110114/amr11011408080027-n1.htm

http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/166.html

会談でキャンベル次官補と金氏は、民主党が北朝鮮との接触を図るのならば、米韓と連携することが重要との認識で一致し、民主党の主要閣僚である菅直人副総理・財務相(当時)や岡田克也外相(同)との接触を強めていくことの重要性を確認したという。



《おまけ》

flora
http://twitter.com/#!/aiko_bun/status/27924350451589120
今日1月20日の東京新聞の「こちら特報部」
ウィキリークスが暴露した米公電の中に、米国が鳩山ー小沢民主党政権を切り捨てて菅民主党政権を傀儡化しようとしていた証拠が明らかにされている。


胡麻緑
http://twitter.com/#!/mirukumi/status/27908411366580224
東京新聞、こちら特報部:「米が望んだ菅首相?」「きょう「外交大方針」演説」「漏えい公電‘お墨付き”裏付け」「鳩山ー小沢に不信感」「基地・対中で思惑に添わず」「識者「日本は追従・依存脱却を」、、キミのタチバはホショウするから、全部コチラのイウコトにシタガイナサイ、、イエス、サー!



☆ウィキリークスが暴露した米公電が示す、米国が小沢・鳩山を切り捨てた瞬間  (天木直人氏のブログ)
http://www.amakiblog.com/archives/2011/01/20/#001803
今日1月20日の東京新聞の「こちら特報部」は全国民必読の記事だ。そこにはウィキリークスが暴露した米公電の中に、米国が鳩山ー小沢民主党政権を切り捨てて菅民主党政権を傀儡化しようとしていた証拠が明らかにされている。米国が菅民主党政権を支持しているということはもはや馬鹿でもわかる。様々な形でそれが指摘されてきた。


posted by はなゆー at 21:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソレを言うなら、パレスチナのハマスも「米国が望んだ」選挙で選ばれた。
そもそもハマス自体、パレスチナ解放機構に対抗させる目的でイスラエルが当初の資金援助をしたから「出来た」。
「米国が万能で全てを見通した上、神の如く完璧に人々を操って居る」と信じるのは妄想。
ンな妄想に囚われるのはビルダーバーグ辺りで十分だ。
実は、米国もシバシバ失敗して居る。
てか、失敗の連続が積み重なったので9・11が起きた。
アレが自虐的なヤラセでも、或いはヤラセで無くても、米国の衰退の象徴だ。
Posted by 田仁 at 2011年01月20日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック