2011年01月24日

民主党政権が公約を破棄して予算を膨張(しかし除雪費は削減か?)

☆総予算220兆円に拡大=来年度案を国会提出−政府
(時事通信)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011012400293

http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/451.html

民主党は09年夏の衆院選マニフェスト(政権公約)で、国の総予算の全面組み替えによって、予算規模を膨らませずに必要財源を確保できると説明していたが、逆に予算の膨張が続く結果となっている。

(略)

一方、10年度予算でも大幅削減の対象となった公共事業関係費は13.2%減の5兆8286億円と引き続きカットされた。文教科学振興費は1.4%減の5兆5100億円となった。



《備考》

☆公共事業費:東北6県、20.9%減 9月末現在の今年度見込み/福島
(1月7日の毎日新聞)
http://www.asyura2.com/10/hasan70/msg/573.html
民主党政権が公共事業削減を進めた影響もあり、東北6県すべてで前年同期を下回り、合計額は前年同期比20・9%減の1兆4587億円となった。下げ幅は過去最大規模という。



☆青森の除雪作業 業者の7割以上が態勢維持「5年が限界」
(1月16日の河北新報)
http://www.asyura2.com/10/social8/msg/288.html
青森県内の道路除雪作業に携わる建設業者の7割以上が、5年後までには今の除雪態勢を維持できなくなると考えていることが、県建設業協会(杉山東幹会長)が会員に実施したアンケートで分かった。公共工事減少のあおりを受け、老朽化した除雪車の買い替えや作業員の確保が困難になっており、厳しい経営実態が浮き彫りになった。
(略)
同協会の神豊勝専務理事は「業者の経営状況は悪化の一途だが、社会的責任から、採算性が悪くても引き受けている。このままでは、除雪態勢が崩壊する恐れがある。発注者側に、除雪費の見直しや機材の貸与などを強く訴えたい」と話している。  



331 名前:アンチ慶応 ◆YWRXO2tdY2
[sage] 投稿日:2008/05/25(日) 21:59:49 ID:Y2ZNT3SO
除雪は割に合わないので有名。
NHKか何かの番組で専門家が指摘していたが、予定価格が低すぎると。予定価格の中に深夜の作業員の待機費が計算されていないと指摘していた。
入札に参加する業者がいなくなり、自治体が期間限定で直接雇用していると聞いたことある。



332 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2008/05/25(日) 22:00:43 ID:TornGml0
災害復旧系と公共系はやったら赤字。
かといって民間も猛烈な勢いで工事単価下落中、トドメに原料高。
だから物凄い勢いで施工がまともな土建屋が潰れてます



☆除雪対策がしっかりやれる修復・修繕型公共事業へ
(保坂展人のどこどこ日記)
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/e36b2eaf2ca6ec761c8fd7ce00f29489
2009年の政権交代の直後に、私は「公共事業の見直し=廃止・削減の嵐」になることを危惧して、「開発型公共事業から修復・修繕型公共事業に転換せよ」との提言をした。もちろん、除雪対策などを削減対象にては間違いだ。
(略)
残念ながら、「雇用創出」とも一体になった「修復・修繕型公共事業」へと転換することが政策実現するに至っていない。「それ、民間で出来ません か」が合言葉の「事業仕分け」の構造的弱点は「廃止・削減」することは出来ても、今までになかったジャンルの事業を新たなコンセプトのもとに創造することが出来ない点にある。

posted by はなゆー at 13:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界規模で先進国は大型予算流行り。
しかも「小さい政府」路線。
そも、為替格差を利用した労働者搾取自体が、フラット化を指向するモノ。
Posted by 田仁 at 2011年01月24日 19:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック