この記事へのコメント
首脳会談の予定も立たないのに
国費でスイスまで出かける空き缶

しかも手土産が国内経済を破綻させる
TPPの確約とは開いた口が塞がらない

アメリカにとってはまさに鴨がネギしょって
やって来る訳でアメポチここに極まれりw
菅はどこの国の総理大臣なのだろう


そういえばネオリベみん党が本性を現してきた

みんなの党は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定への参加に向けて、
企業が農地を取得できるよう、規制を撤廃することなどを盛り込んだ
独自の農業政策を取りまとめ、結党以来初めて開く29日の党大会で
発表することにしています。

みんなの党は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、
自由貿易をさらに促し、日本の国際競争力の強化につながるなどとして、
参加すべきだという立場ですが、参加にあたっては国内の農業の競争力を
強化する必要があるとして、このほど農業の振興に絞った政策を
取りまとめました。それによりますと、TTPに参加してから
10数年後に行われる関税撤廃までの期間を日本の農業の「集中改善期間」
と位置づけ、この間に農地の集約を促すため、▽農地を売却する際の
所得税の減免や、▽企業が農地を取得しやすくするための規制撤廃などを
提案しています。さらに、農産物を輸出する法人に対する支援を充実し、
農業を10年後にGDP比で5%、金額にして30兆円の成長産業に
するとしています。みんなの党は、この農業政策を、結党以来初めて開く
29日の党大会で発表し、農業従事者が多い地方での支持拡大に
結びつけたいとしています。

*+*+ jiji.com 2011/01/29[07:07:21] +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110129/k10013713301000.html
Posted by 味噌煮込み at 2011年01月29日 08:45
何でアメポチは中国の存在をソコ迄無視するかなあ?
ダボスに初デビュー!と国外では鳴り物入りなのに。
Posted by 田仁 at 2011年01月29日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック