2011年02月01日

イランプレスTV「日本メディアがトヨタのリコール問題を報道しない理由」

林克明(ノンフィクションライター)
https://twitter.com/#!/hayashimasaaki/status/30501114902224896
トヨタ127万台のリコールで外国メディアの取材をこれから受ける。いま私の自宅に特派員が向かっているが遅れているようだ。おそらく今夜深夜か明日に、おもに中東向けに私のインタビューを含むものが放映される予定だ。


林克明(ノンフィクションライター)
https://twitter.com/#!/hayashimasaaki/status/30603584236158977
英語国際衛星放送のインタビューを受けた。日本でトヨタの実態が報じられない理由を聞かれ、私は次のように答えた。
@巨額の広告費で批判できない。
Aメディアの人間が、下請零細企業や貧しい労働者のことを考える気がない。気づきもしないからではないか。
以上の2点答えた。


林克明(ノンフィクションライター)
https://twitter.com/#!/hayashimasaaki/status/30502764849143808
さきほど電話があり、大手メディアは、対策をたてたからトヨタのリコール問題は大きくならないというニュアンスの報道をしているとのこと。何を根拠にしているのだろうか? 
最近取材したある下請けでは、5年くらいまえは500トヨタから注文がきて良品は10パーセントくらいだった。

              ↓

☆Toyota hit by new setback with 1.7 million vehicles recalled
(イラン・プレスTV)
http://www.presstv.ir/detail/162274.html

Masaaki Hayashi puts a different spin on the issue. He has written several books about what he sees as the “dark side” of Toyota. He says that he is not surprised at all by the massive recalls.

Both of the analysts we consulted cited Toyota's hyper-competitiveness as a key issue that has led to the recent setbacks.

In some ways, the Toyota Motor Company has become a victim of its own success-but few doubt that the company will soon be able to bounce back from adversity.

So it seems that many of the problems that Toyota is now facing are themselves linked to the fact that Toyota is now the world's largest automaker.

posted by はなゆー at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック