2011年02月01日

小沢を失脚させた検察審査会の文書が「偽造」されたかどうか微妙

ひげベビー
http://twitter.com/#!/MustacheBaby/status/32378325011795968
これですね (;一一)  →
(注:PDFファイルである)
http://bit.ly/e5NAnp
確かに別人の筆跡に見えますね〜



ケンちゃん
http://twitter.com/#!/y_kenchan/status/32368276789010432
比較しやすくしてみました。
http://twitpic.com/3vehi7
専門家じゃないから断定は出来ませんがこの不一致度は (¬_¬) あやしい



☆検審事務局「開示書類」はノリ弁だ!唯一記載の「立会人署名」は、同一判事なのに、2書類で筆跡が異なる!
http://civilopinions.main.jp/2011/02/22.html

検察審査会事務局が、森議員、ジャーナリスト、一般市民に開示した「審査員と審査会議に関する書類」を見直した。

「開示書類」の全て、大事な個別記入のところはノリ弁だ。
要は、普段事務局が使用を義務付けられていると思われる書類様式を提出しているだけのことだ。
個別の審査員選出や審査会議が開催されていることを証明するものではない。
書類の偽造も見つけた。

(略)

審査員の選定録

タイトルは「東京第五検察審査会平成22年第3群検察審査員及び補充員選定録」 (第2群もあり)         

これまた、大事な氏名、住所、生年月日がノリ弁だ。

驚くなかれ、第3群書類で、立会い人署名欄の地方裁判所判事「三好幹夫」のサインの筆跡が、第2群書類のそれと明らかに異なる。

3群からの選出書類は、事務局が勝手に作成し、判事の署名がもらえず、署名を偽造したものと思う。

これは公文書偽造という犯罪だ。

             ↓

ピッコロ大魔王
http://twitter.com/#!/piccolo_daimaou/status/32340131545358336
こ、っこれは。明らかに筆跡が違う。祭りの予感。


上海2
http://twitter.com/#!/shanghai_ii/status/32348151759249409
書体が違うから、それと筆跡をごっちゃにしない方がええかと。筆跡はぼくは似てると思う。


ピッコロ大魔王
http://twitter.com/#!/piccolo_daimaou/status/32350119756038145
僕は、跳ねのある無しが違うと思ったんですけど、似てますかねえ?


上海2
http://twitter.com/#!/shanghai_ii/status/32350865566203904
書体が違うんで、比較は困難だけど、筆の運びは比べられると思う。「三」の字の一画目、それと「好」の字の「女」の部分など、特徴的に見えます。


上海2
http://twitter.com/#!/shanghai_ii/status/32352708685987840
あとの部分は崩し方が全然違うんで、難しいなあ。一般に書体が違えば筆跡鑑定の確度はガクンと落ちるかと。


ピッコロ大魔王
http://twitter.com/#!/piccolo_daimaou/status/32352847165128704
っていうか、何で公文書のサインに崩し字と楷書で違う書き方してんだろう?僕なんか外資系にずっといたから判子文化でなくサイン文化だったし、アメリカの銀行口座作ったときもローマ字じゃなくて漢字の崩しサインを使ってて、公文書的なのは崩しに統一してたけどなあ。


上海2
http://twitter.com/#!/shanghai_ii/status/32353698646593536
それは確かに不思議。同じ種類の文書だしなあ。


ケンちゃん
http://twitter.com/#!/y_kenchan/status/32370670209859584
好の女を見比べると同一の可能性も。しかし夫のハネてる部分とかは違う気もします。専門家カモーン。

posted by はなゆー at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック