2011年02月03日

〔続報〕枝野幸男官房長官に談合ゼネコン代表から204万円

654 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2011/02/03(木) 01:00:29 ID:+IdYZUyB [1/3]

〜週刊ポスト2月11日号より@〜

枝野氏はこれまで「公共事業受注企業からの献金全面禁止」を主張してきた。

民主党政調会長だった03年、公共事業費を削減する党の予算案をまとめた枝野氏は、自身の活動報告にこう書いている。
「公共事業受注企業からの政治献金の禁止や入札制度の改革などが当然の前提となっています。こうした改革によって 食い物にされている 部分がなくなれば8%にも達しない金額を削減しても実質的な事業量は維持できる」

その枝野氏には身内以外にも年間100万円を献金する後援者がいる。
建設会社A社の代表を務めるB氏である。03年に100万円、05年と09年に52万円ずつ献金している。

A社は枝野氏の地元・埼玉県内の有力建設業者で、関東を中心に市庁舎や学校、文化センターなど建設や橋や高速道路、河川の改修など、多くの公共事業を手がけている。

公共事業受注企業の献金は禁止でも、その企業の代表者の個人献金ならOKというのが「枝野流改革」らしい。

だとすれば、枝野氏が批判した西松事件と構図は変わらない。B氏の個人献金が、A社の迂回献金ではないかと疑われた場合、枝野氏はどう説明するのだろうか。



655 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2011/02/03(木) 01:02:34 ID:+IdYZUyB [2/3]

〜週刊ポスト2月11日号よりA〜

ちなみに、菅政権発足後、民主党の岡田執行部は去年秋に企業・団体献金の禁止を撤回して、受け入れ再開へと方針を転換したものの、献金受け入れは「国や自治体と1件1億円以上の公共事業などの契約がない企業に限定する」という条件をつけた。

当時枝野氏は幹事長代理としてこの決定に関わった。A社の売り上げは年間100億円程度で、その9割は公共事業が占めている。

ましてや、A社は02年に川越市役所発注の道路舗装などの土木工事で談合を摘発され、埼玉県下の自治体から指名停止処分を受けている。

B氏は本誌の取材に、「献金はあくまで個人的にしているもので、会社の事業とは全く関係はない。私が会員である部落解放同盟の埼玉県連から枝野氏を応援して欲しいと要請され、新党さきがけ時代から応援してきた。枝野氏の義父・西坂氏(枝野夫人の父=弁護士・03年12月に所属する第一東京弁護士会から懲戒処分)がわが社の顧問を務めているという縁もある。会社が公共事業を請け負っていることや談合の件があるからという理由で、枝野氏から献金を断れたことはない」
と、説明した。

しかし、A社は談合事件以前には、枝野氏が代表を務める政党支部に献金をしていたこともあり、それとB氏の献金が「全く別のもの」というのは、どうだろうか。



656 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2011/02/03(木) 01:03:47 ID:+IdYZUyB [3/3]

〜週刊ポスト2月11日号よりB〜

上脇博之・神戸学院大学法化大学院教授が指摘する。
「談合という反社会的行為を起こした企業なら、国民から何か下心のある献金ではないかと癒着関係を疑われます。枝野氏はなぜそんな業者の代表から献金を受け取ったのか、説明責任が求められる。場合によっては返還すべきではないか」

これまで麻生太郎・元首相や西岡武夫・参院議長、佐藤勉・元総務相ら与野党の多くの政治家に談合で摘発された企業から過去に献金を受けていたことが発覚したが、ほとんどが事件後に返金手続きをとった。

「政治とカネ」に一家言ある枝野氏がこのような経緯を知らないわけではないだろう。

しかし、枝野氏は、A社の談合事件発覚後にB氏から3回も献金を受け取っている。

「A社から直接もらうのはマズイ」と考えた結果、そうした手法を採ったのではないか、という疑念が湧くのは当然だろう。

「資金面でゼネコンに依存という自民党の悪い体質」という言葉が自分にもはね返っている。




平野浩
http://twitter.com/#!/hanayuu/statuses/32303552495882240
枝野氏の政治とカネの問題。枝野氏と親密なA社とその社長のB氏。枝野氏はB氏から献金を受けている。A社は公共事業受注企業。しかし、B氏の個人献金だからいいという主張。しかもA社は談合の疑いで自治体から指名停止処分を受けている。
1/31発売の「週刊ポスト」より


平野浩
http://twitter.com/#!/hanayuu/statuses/32303564386734081
枝野氏の献金問題の続き。A社は談合事件以前は枝野氏が代表を務める政党支部に献金、談合事件が発覚するとB社長の個人献金に切り替えている。上脇博之神戸学院大学教授は「談合という反社会行為を起こした企業であれば国民から下心のある献金と疑われる」として枝野氏に説明責任があると主張。


平野浩
http://twitter.com/#!/h_hirano/status/32030453737197568
枝野官房長官はいつも「公共事業受注企業からの献金全面禁止」と主張。しかし、その枝野氏に年間100万円を献金する後援者がいる。その後援者は枝野氏の地元埼玉県内の有力建設業者であり、もちろん公共事業を幅広く手掛けている。しかし、の人は個人として献金しているのでOKだと枝野氏はいう。



☆枝野幸男に解同系談合ゼネコンから献金
(2005年8月28日の「マスコミ不信日記」)
http://blog.livedoor.jp/saihan/archives/30777802.html

一部不確かなソースもあるものの、「平成15年分政治資金収支報告書の要旨」と下記の公正取引委員会の報道発表資料を並べれば証拠として十分でしょう。

皇帝ペンギン物語

皇帝ペンギン物語
価格:3,990円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 06:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自民党なら零が1つ2つ多いが、きっこもポストも見向きもしない…。
Posted by 田仁 at 2011年02月04日 19:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック