2011年02月09日

小沢一郎氏に側近議員が「民主党からの脱党」を進言した模様

☆グループの副大臣らと会食=小沢氏 (時事通信)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011020901039

http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/920.html

出席者によると、「菅政権に早く見切りをつけるべきだ」との意見も出たが、小沢氏はコメントしなかった。



《おまけ》

☆減税攻勢が政権に一石 河村・大村流の行方(中) (中日新聞)

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2011020902000151.html

http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/869.html

永田町では河村の地域政党「減税日本」を受け皿に小沢が民主から20〜30人を引き連れ、新党を立ち上げるとの観測も。河村は「ちっぽけな地域政党では小沢さんに失礼」と否定するが、小沢側近の農林水産政務官松木謙公(51)とは今も密に連絡を取り合う。

トリプル投票の前日、民主関係者はJR名古屋駅前で、河村の演説を見守る聴衆の中に、小沢と親しい前総務相原口一博(51)の姿を確認した。松木の秘書も河村の選挙運動を手伝った。

【送料無料】六韜

【送料無料】六韜
価格:1,000円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小沢が馬鹿坊ちゃんの揚げ足取りに引っ掛からなくて、残念なの?
Posted by 田仁 at 2011年02月10日 14:51
毎度おなじみの貴ブログ恒例のミスリードですが、

「菅政権に早く見切りをつけるべきだ」との意見は、
もちろん、「民主党からの脱党」を進言したと解するのは困難。

「菅政権=民主党」ではない。

「菅降ろし」に踏み切れと進言したと解するのが妥当。


それは、自民党内で幾度となく繰り返されてきた「首相交代運動」を意味するに過ぎない。
(古くは「三木降ろし」、最近では「福田降ろし」「麻生降ろし」)
「脱党」ではない。
Posted by yuri at 2011年02月10日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック