2011年02月13日

〔ポピュリズム〕元横浜市長「横浜市議の定数は10で充分だ」

※ 大衆のホンネは「民主主義より、ゼニ」「議会主義より、明日のメシ」であることを見抜いた的確な発言である。

              ↓


☆地方議員は多すぎ、92人の横浜市なら10人だ (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110213-00000509-san-pol

http://www.asyura2.com/11/senkyo107/msg/355.html

中田氏がかつて市長を務めた、国内最大の360万人を超える人口を抱える横浜市の現在の議員定数は92人。中田氏は「あまりに多すぎる。市民に議員1人1人の顔が分かるようにして、責任を持たせるためには、10人程度に絞っても良いのではないかと思うほど」と主張する。





803 名前:闇の声[]
投稿日:2011/02/13(日) 10:13:15 ID:YADgWqhA [2/3]

今度の統一地方選挙、本来の対立軸をメディアによって違う対立軸にすり替えられてしまい、結果的に民主党の凋落がぼやけるのではと思い始めている。
つまり、今回の愛知の結果で今の都道府県政や市政は駄目ですよと・・・
税金面でどんどん減税が可能なんですと強烈な印象を与えてしまった。
これは自民党にとっては大きな痛手で、自民党が自治体の政治に影響力を行使する限り絶対に減税は無理ですと”減税日本”の連中は連呼するだろう。
何度か書いてきたが、橋下も河村も小沢の別働隊・・・つまり、小沢が時間があれば選挙区回りをしろ、国会審議より選挙重視だと言い続けてきた効果が出てくる。
要は小沢別働隊を新党名にして動かすだけの事で、相当強烈な減税コールが叫ばれるだろう。
だから民主党執行部が素知らぬ顔を出来るのも、表向き負けたはずの愛知の結果が回り回って民主寄りの別勢力を・・・第三極を構築出来ると考えていて、そうなるとあのじゃれ合いの如き菅ー小沢会談がぐだぐだなのも説明がつく。
あの薄汚い河村にあれだけの票が入ってしまう・・・自民党の得票数を減らしまくったあの大村が当選してしまう・・・それだけ減税と言う言葉はすごいパワーなのだ。
小沢がマニフェスト死守を言うのも、消費税増税はしませんと言ったんだからそれを守りなさい・・・
その基本理念があるからで、民主党が勝つ為には別働隊による減税コールとマニフェストの基本理念回帰こそ必要だって事なんだろうさ。
だから世間で言うほど民主党党中央は慌てて無いと思うよ。
別働隊が減税、信濃町が福祉を言えば奇麗に棲み分けが出来る。
だから小沢が影響力を行使する間に絶対信濃町との連携が出来ると見ている。



805 名前:名無しさん@3周年[sage]
投稿日:2011/02/13(日) 10:26:21 ID:MLnHideV
統一地方選挙は増税民主に対し河村の減税日本が燎原の火の如く広がる悪寒が。



808 名前:闇の声[]
投稿日:2011/02/13(日) 10:51:05 ID:YADgWqhA [3/3]
河村の武器は、縁日の大道芸人よろしきあのだみ声と名古屋弁だ。
下品さと強面さで理屈なんか屁でもねえって感じで捲し立てる。
その勢いで「減税は出来るし、そうする事で増税する以上の効果は出るんだ」とまず民主党を切るが、その返す刀で「ここまで滅茶苦茶にしたんは自民党だ。
自民党が地方でやってきた政策が今日の惨状を招いてんだ」とやったら当然第三極に期待する票が流れる。
それで一番得するのが小沢だ・・・民主党の現政権も否定出来るから、傀儡を作り易くなるし、自民党の勢いも止まるだろう・・・少なくとも総選挙は出来ないなと言う状況になるかもしれない・・・そうなると今度は財布の中身が問題になる。
小沢はそこまで見透かしてると思うし、当然仙谷とも連絡は取り合ってるだろうさ。
悪党同士でな・・・

【送料無料】小泉純一郎ポピュリズムの研究

【送料無料】小泉純一郎ポピュリズムの研究
価格:1,785円(税込、送料別)

ラベル:中田宏
posted by はなゆー at 11:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなゆーさんとサンケイと闇の声が挙って「日本政治の流動化」を望む余り暗い未来予想してる話ですね、判ります。
Posted by 田仁 at 2011年02月13日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック