2011年02月23日

この記事へのコメント
やっぱり、どうしようもないね、自民党も‥
国民を踏み付けて税金を搾取し、アメリカに売り飛ばす事に熱心だった連中が、布切れを「粗末」にしたら刑務所送りだと‥!笑わせるな!
Posted by 了 at 2011年02月23日 20:10
民主もダメ、自民もダメ。
社民・共産に頑張ってもらうしかないでしょう。
Posted by nekonekoneko at 2011年02月23日 23:26
そのダメな民主党、ダメな自民党より、
もっとダメなのが社共両党である。
(そして、そのダメな自民党は、次期総選挙で圧勝しそうである)

社共は、議席も支持率も、ダメな民主党、ダメな自民党に遠く及ばない。

なぜ、社共はダメダメなのか。

選挙でいくら負けても、党勢がいくら低迷し続けても、
なかなか誤りを認めず、反省しないからである。
(あるいは、反省しているふりをしているだけで、
成長しない)
その証拠に、ダメな党首を変えることさえしない。
とくに、志位委員長は、2000年に委員長に就任して以来、
ずっと選挙に負け続けている。
もう11年ですよ。菅代表どころではない。
普通の組織ならとっくに辞めているはず。

そういった批判をすると、支持者から、
「社共に無理解なマスコミのせいだ!」
「小党に著しく不利な選挙制度のせいだ!」
「無知蒙昧な国民のせいだ!」などといった反論を見たことがある。

たしかに、そういった一面はあるだろう。
しかし、だからといって、「俺たちは悪くない」と開き直り、
惰性ともいうべき千年一日の如くワンパターンな運動に終始しているだけでは、
党勢を拡張できないのは明らか。

なぜ、現実を変えるための策を真剣に考え、講じようとしないのか。
なぜ、それを実現するための必要条件・十分条件を真剣に考え、条件を満たすべく動かないのか。

たしかに、社共を不当に批判する悪質なマスコミや「無知蒙昧」な国民(B層)も多いでしょう。
しかし、他方で、国民の共感を得られない最大の原因は、
現実を変えるための政策を実現し、国民の暮らしを良くしていくことよりも、
保守的で硬直した組織の防衛や教条的なイデオロギーの維持存続のほうがはるかに重要なのだという両党の“本音”に、
多くの人々がなんとなく気づいているからでないだろうか。

どうせ、社共は、次の総選挙も、「消費税増税反対」「改憲反対」のスローガンを連呼し、
一桁議席を守るべく選挙戦を戦うのだろう。
毎度のルーティンワークが繰り返される。
そして、昨年の参院選と同様、自民党やみんなの党の大躍進を横目に、敗北に落胆する支持者の姿。
(昨年、小池晃候補の落選に落胆し、「なんで・・・」「どうして・・・」と泣いていた共産党支持者の姿を想起します)
同じ光景がみられそうだ。
Posted by yuri at 2011年02月24日 05:28
御真影に奉影殿の代用品。
日本共産党政権同様、夢想に過ぎない。
Posted by 田仁 at 2011年02月24日 06:22
さすがにそこまでしたらバカです(+_+)
毎回比例は民主、選挙区は自民に入れてますがどちらもダメ政党・・・みんなの党は訳分からないし、公明、共産、社民、たち日はなんか論外だし・・・日本はまともな政党ないですね。どこの国もそうでしょうけど(ー_ー)

Posted by モフモフ at 2011年02月24日 09:46
この国は北朝鮮や中東の独裁国と異なり、一応は民主主義国です。
民主・自民以外の政党を選ぶこともできるし、その気になれば、新しい政党を立ち上げることもできます。
もし、悪政で国民が苦しむことになったとしても、それは民主・自民を選んだ国民の責任なのです。
Posted by nekonekoneko at 2011年02月25日 05:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック