2011年02月24日

上関原発と高江ヘリパッドの反対派は「東京」に働きかける力が弱かった

烏賀陽弘道(ジャーナリスト)
http://twitter.com/#!/prspctv/statuses/40627685818376192
問題が「地元」「県庁所在地」「東京」などばらばらに分断されてきた反対運動側は、特に東京でのレプリゼンテーションがほとんどいません。東京のメディア、政治家、企業などに働きかける機能がないのです。なので脆弱です。


烏賀陽弘道(ジャーナリスト)
http://twitter.com/#!/hirougaya/status/40493303027736576
上関、高江の反対運動が、東京のメディア、政治家、企業に働きかける常駐の専従者を一人でも東京に持っていれば、状況はずいぶん違ったはずです。環境NPOでこうした「東京対策」を専門にする人たちがいてもいいでしょう。

ナボナLong・Life(20個入り)

ナボナLong・Life(20個入り)
価格:2,100円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック