2011年02月27日

スワジランド王国で「王政打倒」を公言する反王室デモの呼びかけ


スワジランド王家は「国民と苦楽を共にする」思想を持っていない上に「ガス抜き」を怠ってきたので、国民の不満が大爆発する可能性がある。

            ↓


☆アフリカでもデモ呼び掛け スワジランド
(共同通信→産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110227/mds11022700590004-n1.htm

http://www.asyura2.com/10/kokusai5/msg/505.html

フランス公共ラジオは26日、アフリカ南部の王国スワジランドで、王制打倒を求めるデモの呼び掛けがインターネットの交流サイト「フェイスブック」を通じて行われていると伝えた。

(略)

スワジランドでは、国王ムスワティ3世による絶対王制が敷かれ、国王一族がぜいたくな暮らしを送る一方、国民の多くは貧困に苦しんでいる。



☆スワジランド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

スワジランドは、国王を国家元首とする君主国である。形式的には立憲君主制だが、実際には憲法で国王の強大な権力が保障されており、政府の要職の多くも王家が占めるなど、絶対君主制の様相を呈している。

(略)

政党はドラミニ家による王政を支持する王党派のインボコドボ国民運動(INM)以外は非合法。INMの党首はドラミニ家の人物である。ングワネ民族解放会議(NNLC)と人民統一民主運動(PUDEMO)が国王専制に反対する実質的な野党勢力として機能しているが、政府による厳しい取締りを受けている。

司法機関は上級裁判所と最高裁判所を頂点とする。両裁判所とも、裁判長は国王により任命される。



☆Facebook group takes aim at Swazi king (AFP通信)
http://www.news24.com/Africa/News/Facebook-group-takes-aim-at-Swazi-king-20110226

Mbabane - A Facebook group is calling for the overthrow of Swaziland's king, Africa's last remaining absolute monarch, through protests inspired by the revolutions in Tunisia and Lybia.

Known as "The April 12 Uprising!!!" it promises, "all hell will break loose in Swaziland" on April 12 2011 when "a hundred thousand men march into the country's city centres to declare a democratic Swaziland free of all royal dominance."

April 12 is the date in 1973 when political parties were banned, a ban still in place under king Mswati III.

【送料無料】新書アフリカ史

【送料無料】新書アフリカ史
価格:1,470円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック