2011年02月27日

民主党小沢派が「集団離党」する腹をくくったとしか思えない動き

森ゆうこ(民主党小沢派) 2月22日21時25分
http://twitter.com/#!/moriyukogiin/status/40024347686998016
民主党デーチームを作ることに決定!出エジプト記 by T.K(注:「タカシ・カワムラ」の略ではないかと推測される)。


             ↓


☆小沢系と河村市長が急接近…執行部、連携認めず (読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110227-00000268-yom-pol

http://www.asyura2.com/11/senkyo108/msg/663.html

ただ、4月の統一地方選では民主党と減税日本など地域政党の候補者は競合するため、執行部は連携を認めていない。

(略)

27日には東京都の区議選の民主党候補を減税日本として推薦することを発表する方針だ。



☆出エジプト記
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E8%A8%98
『出エジプト記』(しゅつエジプトき、英語:Exodus)は、旧約聖書の二番目の書であり、『創世記』の後を受け、モーセが虐げられていたユダヤ人を率いてエジプトから脱出する物語を中心に描かれている。


☆モーセ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BB
『出エジプト記』によれば、モーセはエジプトのヘブライ人家族に生まれたが、新生児を殺害することを命じたファラオの命令を逃れるためにナイル川に流され、王族に拾われて育てられたという。長じてエジプト人を殺害し、砂漠に隠れていたが、神の命令によって奴隷状態のヘブライ人をエジプトから連れ出す使命を受けた。エジプトから民を率いて脱出したモーセは40年にわたって荒野をさまよったが、約束の土地を目前にして世を去ったという。

posted by はなゆー at 10:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仮にソコ迄、清和会の思い通りに動くならば「ロッキードの二の舞」。
はなゆーさんも煽った甲斐があった?
Posted by 田仁 at 2011年02月27日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック