2011年03月25日

静岡県知事(民主党推薦)が浜岡原発3号機の稼動再開を快諾した

☆浜岡原発:定期点検中の3号機「来月上旬めどに再開」 中電が考え示す/静岡 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000087-mailo-l22

http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/722.html

中部電力の水野明久社長は24日、川勝平太知事に会い、定期点検中の浜岡原発3号機(御前崎市)の運転を4月上旬をめどに再開させる考えを示した。川勝知事は「電力不足で経済活動が停滞している。安全をチェックし結果を公表してもられえば、判断を尊重したい」と応じ、中電の意向を受け入れた。




《民主党ホームページより》

http://www.dpj.or.jp/special/20090618/index.html

静岡県知事選挙 民主党は川勝平太さんを推薦します。

民主党は川勝平太(かわかつ へいた)さんを推薦します

6月18日告示、7月5日投票の静岡県知事選挙において、民主党は元静岡文化芸術大学学長の川勝平太さんを推薦することを16日の持ち回り常任幹事会で決定しました。

ラベル:川勝平太
posted by はなゆー at 15:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたかも、民主党単独推薦とミスリードを誘うを見出し・内容だが、
民主党だけでなく、社民党や国民新党も推薦しています。

小沢支持者の植草氏も賞賛していた。

静岡県知事選、民主、社民、国民新推薦の川勝平太氏が当確
http://desktop2ch.jp/newsplus/1246805754/?first
静岡で民主・社民・国民連合が価値ある勝利
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-5e39.html

なぜ、社民党推薦や国民新党推薦は、明記しないのか?>貴ブログ主


ちなみに、東京での原発事故後の世論調査では、
既存原発については、
「運転しながら安全対策を強化していく」が56・2%と半数を超えている。
「運転しながら安全対策を強化していく」が56・2%と半数を超えているのは、
原発は怖いと感じているものの、電力不足に不安・不満を持っている有権者が多いのだろう。

この世論調査では、「原発増設」に賛成か、反対かという質問がないので、
「原発増設」反対派がどの程度いるかはわからないが、
もし、過半数が「原発増設」反対なら、
この調査と総合すると、
「原発増設は反対だが、既存原発については運転しながら安全対策を強化していく」が
多数派の意見であるとみなせよう。

「原発増設」への賛否を問う世論調査(ネットアンケートは偏りがあるのであまり参考にならない)も
いずれ実施されるだろうが、果たしてどうなるか。
この状況だと「原発増設反対」は過半数を超えると予想しているが、さてどうなるか。

■「原発に不安」88% 都民に本紙緊急調査
東日本大震災を受けて、東京新聞は東京都内の有権者を対象に緊急世論調査を実施した。
福島第一原発の事故について「非常に不安」55・3%、「ある程度は不安」32・8%と答え、「不安」が88・1%にのぼった。 
「国内にある原発は今後、どうすべきだと思うか」と聞いたところ
「運転しながら安全対策を強化していく」が56・2%と半数を超えた。
「いったん止め、対応を検討する」は25・2%、「やめて、別の発電方法をとる」は14・1%だった。
「非常に不安」と答えた人でみると「運転しながら安全対策」46・5%、
「いったん止め」29・9%、「やめて、別の発電方法」19・9%だった。
「ある程度は不安」という人では「運転しながら安全対策」65・3%、
「いったん止め」22・3%、「やめて、別の発電方法」8・3%という割合。
事故に不安を抱きながらも、原発に依存している現状を認識していることがうかがえた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011031902000093.html
Posted by yuri at 2011年03月25日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック