2011年03月27日

〔放射性物質〕被ばく限度の数値を一気に20〜100倍も引き上げへ

☆放射性物質 被ばく限度「引き上げを」 国際組織が勧告
(毎日新聞。3月25日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000153-mai-soci

http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/807.html

国際放射線防護委員会(ICRP)は、東京電力福島第1原発事故で放射性物質の漏えいが続いていることについて、日本の現在の被ばく線量限度(一般人で年1ミリシーベルト)を引き上げる検討を求める勧告を出したことが判明した。

勧告は21日に出された。それによると、今回の事態を受け、緊急的に一般人の年間被ばく限度を100〜20ミリシーベルトの範囲に引き上げることを求めた。また「原発事故が収束したとしても、原発周辺地域に汚染が残る」と分析。地域住民がふるさとを捨てず、住み続けることができるよう、線量限度を20〜1ミリシーベルトの範囲で設定し、長期的に1ミリシーベルトを目標とすることを提案した。


           ↓

志葉玲(戦場ジャーナリスト)
http://twitter.com/#!/natsumetaira/statuses/51443975625777153
一気に20〜100倍に。無茶苦茶な組織だな!ちなみに100ミリシーベルト/年は、緊急時の原発労働者だって今年3月11日以前は、平常時で50ミリシーベルト/年以内だったというのに!


澤野@関西
http://twitter.com/#!/Lily_victoria/status/51735557352587264
これが「一般人」の被曝限度量をいきなり 20倍 に改定しようとしている「国際放射線防護委員会」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E9%98%B2%E8%AD%B7%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
か…なんで限度の値を上げることしかしてないんだろう?



perspective
http://twitter.com/#!/Nostalg1970/status/51680432055529473
国際放射線防護委員会(ICRP)。原爆投下後米国は原子力委員会(AEC)と合衆国放射線防護委員会(NCR)創設。第一委員会が外部放射線被曝限度、第二委員会が内部放射線被曝の調査研究。50年にNCR委員でICRP設立され第二委の審議が打ち切られる。
http://www.geocities.jp/hokkaihankakuishi/yagasaki.html



AMidado
http://twitter.com/#!/amidado/status/51636848275099648
このまま許容限度上げていけば、後々後遺症が出た人たちが訴訟した時に国が勝ち易くなりますね。要は国民を見捨てたわけだ


posted by はなゆー at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック