2011年03月28日

〔原発〕菅直人首相が「大本営発表」を拒否した審議官の更迭を命じた

☆節電大臣蓮舫氏 計画停電に「初めての事なので」とパニック
(週刊ポスト4月1日号)

http://news.livedoor.com/article/detail/5428422/

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/379.html

その日、経済産業省原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官が、「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」と記者会見で明らかにした。ところが、菅首相は審議官の“更迭”を命じた。

「菅首相と枝野官房長官は、中村審議官が国民に不安を与えたと問題視し、もう会見させるなといってきた」(経産省幹部)



☆裸の王様
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E3%81%AE%E7%8E%8B%E6%A7%98

諫言してくれる人物を自ら煙たがり遠ざけた

その性格的な問題や成功による増長が原因となり、苦言を呈してくれる人物が周囲から去っていった

その権勢が絶大になっていったがゆえに忠言できる人物がいなくなり、イエスマンしか残らなかった

以上の様な状況のいずれかが発生した結果、その人物の周辺には金や出世を目当てに群がる追従者だけが残り、当人は耳に快い言葉ばかり聞かされて現実を直視・把握できない状況に陥り、最後には時代の潮流から取り残されて転落し、全盛期には周囲に群がっていた人々は見捨てて全て去っていった、などという筋書きとなる事が多い。


posted by はなゆー at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック