2011年03月29日

日刊ゲンダイ「原発関連団体は“天下り”の巣窟だった」

☆原発関連団体は「天下り」の巣窟だった
(日刊ゲンダイ3月26日掲載)

http://netallica.yahoo.co.jp/news/177465

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/409.html

驚くことに、こうした原子力関連の「天下り団体」は無数にある。原発地域の振興策などを手掛ける「電源地域振興センター」(東京)、原子力推進を掲げる「日本原子力産業協会」(東京)、原子力の基礎研究を行う「日本原子力研究開発機構」(茨城)、大型混合酸化物(MOX)燃料などを研究する「核物質管理センター」(東京)、原発の安全管理などを行う「原子力安全基盤機構」(東京)、海外のエネルギー事情を研究する「海外電力調査会」(東京)……。


               ↓

Fukushima Hideki
http://twitter.com/#!/fukushimah/status/52498695127699456
今朝のNHKラジオの内橋克人の論説はすばらしい。原発推進が原子力開発機構、学校、有名タレントを起用したTV等によって、いかに詐欺的に行われて来たかを的確に指摘していた。


西口想
http://twitter.com/#!/100lines/status/52629413271048192
内橋克人「日本の原発PA(パブリック・アクセプタンス)戦略の三大柱、@電気事業連合会のメディア包囲戦略、A小中高での「エネルギー環境教育」という名の原発是認授業、B著名人を起用したパブリシティ戦略」(NHKラジオ)


posted by はなゆー at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック