2011年04月04日

米報道「福島原発事故は既にチェルノブイリ以上の大惨事になっている」

世界屈指のオンラインメディア「ハフィントンポスト」
http://www.cnn.co.jp/business/30001732.html
によると、米国の原子力工学研究者による試算で、福島第1原発の事故で放出された「セシウム137」の濃度が、チェルノブイリ原発の事故で検出された数値を上回った。

「試算が正しければ、フクシマは今や史上最悪の原発事故になっている」。



☆Japan's Government Needs to Move Quickly
(ハフィントンポスト)
http://www.huffingtonpost.com/daniel-wagner/japans-government-needs-t_b_844158.html

The levels were highest from two points northeast of the plant, ranging from 8,690 becquerels/kilogram to a high of 163,000 Bq/kg measured on 20 March from a point about 40 kilometers northwest of the Fukushima plant. The hottest spot is similar to levels found in some areas affected by Chernobyl. Assuming the measurement is no more than 2 centimeters deep, nuclear engineer Shih-Yew Chen of the Argonne National Laboratory calculates that 163,000 Bq/kg is roughly equivalent to 8 million Bq/m2. The highest cesium-137 levels in some villages near Chernobyl were 5 million Bq/m2. If true, Fukushima has already released higher levels of Cesium 137 than Chernobyl, making it the worst source of nuclear radiation release in history.


posted by はなゆー at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック