2011年04月12日

東京電力も認めた「福島原発事故はチェルノブイリ超える可能性ある」

☆東電、「チェルノブイリ超える懸念も」 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000555-san-soci

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/782.html

原子力安全・保安院は同日午前の会見で、福島第1原発事故の放射性物質の放出量について、チェルノブイリ原発事故の1割とみられるとしている。ただ、福島第1原発では1〜3号機の圧力容器や格納容器が損傷している恐れがあり、松本本部長代理は「原子炉から放射性物質が100%外に出れば、チェルノブイリを超える可能性もある」と説明した。


                ↓


479 名前:M7.74(関西地方)[]
投稿日:2011/04/12(火) 12:14:57.68 ID:5uxIpg2W0 [1/2]
「放出された放射能物質はチェルノブイリの10分の1」とか言ってるけどさ。
それは現時点での話であって、まだまだこれから噴出するし
そもそも10分の1ってのがまたいつものウソだろうし
原子炉の部分の問題点は何も解決されてないし
ただ水かけて冷やしてるだけじゃん。
なぜ不必要なくらい安全そうに見せるんだよ。



592 名前:M7.74(東京都)[sage]
投稿日:2011/04/12(火) 12:24:00.28 ID:p9JlKDHP0 [2/2]
3/18時点の評価をチェルノブイリの10%言っているw
今日までの放射性物質の漏れ量は、たぶん世界一達成
20日から数日続いたモクモクはそれまでの量と同じで、さらに海中漏出分を含んでない


833 名前:M7.74(神奈川県)[]
投稿日:2011/04/12(火) 12:52:06.53 ID:3i36iDrB0 [8/8]
十日で放出をおえたチェルノ
一ヶ月すぎて残量九割の福島
勝負の帰趨は明らか



170 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区)[]
投稿日:2011/04/12(火) 13:08:50.90 ID:xA7qEvCSI
チェルノは25年間での総量です
フクシマは25日間での総量です
フクシマはチェルノの10分の1の放出量なので安全です(^-^)/




《備考》

☆東日本巨大地震:「福島の放射性物質流出、チェルノブイリ以上」
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/917.html
(韓国紙「朝鮮日報」。3月28日)

オーストリアの気象地球力学中央研究所(ZAMG)は、東京電力の福島第一原子力発電所で発生した事故により、大気中に放出された放射性物質の量が、旧ソ連・チェルノブイリ原発の事故(1986年)をすでに超えているとの見方を示した。

ZAMGは、国連の包括的核実験禁止条約(CTBT)の順守の有無について監視する機関だ。国連から委任を受け、米国や日本、ロシアなど世界各国で観測網を駆使し、放射性物質の流出量や移動経路を分析している。ZAMGは26日(現地時間)、「福島第一原発で事故が発生して以来、1日平均5000兆−5京(兆の1万倍)ベクレル(放射能の量を表す単位)のセシウム137(放射性セシウム)や、10京ベクレルのヨウ素131(放射性ヨウ素)が蒸気となって大気中に放出された」と発表した。

チェルノブイリ原発の事故が発生してから10日間に放出されたセシウム137の量は8.5京ベクレル、ヨウ素131は同じく176京ベクレルに達した。ZAMGが26日に発表した、福島第一原発から放出される1日平均の放射性物質の量を、事故発生以来毎日排出されたと仮定して単純計算した場合、セシウム137は9京−90京ベクレル、ヨウ素131は180京ベクレルとなり、チェルノブイリ原発事故での放出量をはるかに上回ることになる。

ソウル大原子核工学科のファン・イルスン教授は「福島第一原発はチェルノブイリ原発のように原子炉が爆発したわけではないが、原子炉や使用済み燃料貯蔵プールにある核燃料の量がチェルノブイリの10倍となっているため、放射性物質の流出量はさらに多いとみられる。

ラベル:松本純一
posted by はなゆー at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック