2011年04月16日

〔オカルト〕「アンゴルモアの大王=六ヶ所村核燃料再処理工場」説

Junichi Shirota
http://twitter.com/#!/Shirox/status/59017881870016512
アンゴルモアの大王は現在は angolmois 当時は angoulmois と綴っていた。これを並べ替えるとaomoli gunsとなる。これは青森の火器(六ヶ所村の高濃度放射性廃棄物)を意味するのでは。。



☆アンゴルモア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%82%A2

1999年7か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アンゴルモアの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく支配するために。


20世紀後半以降の実証的な研究では、この語がアングーモワを指していることには異論がない。当時"o"と"ou"の違いがあいまいであったことから"Angolmois"は"Angoulmois"と同じなのである。実際、1605年版以降の『予言集』では、該当箇所が"Angoulmois"となっているものもある。アングーモワは、現代フランス語では"Angoumois"と綴るが、当時は"Angoulmois"と綴られることも珍しくなかった




《オカルト雑談》

ノストラダムス「諸世紀」第9章44番;
逃げよ 逃げよ すべてのジュネーブから逃げだせ 
黄金の土星は鉄に代わり 光の反対のものがすべてを滅ぼす 
その前に天界は印を示すだろう 


Migres migre de Genesue trestous ,
Saturne d'or en fer se changera,
Le contre RAYPOZ exterminera tous ,
Auant l'a ruent le ciel signes fera.



175 名前:無名草子さん[sage]
投稿日:2011/04/12(火) 23:49:46.05
「光の反対のもの」っていう原文のLe contre RAYPOZだけど
「contreテロリズム」は「テロの反対のもの」というより「報復テロ」
「contre-coup」はcoup(英語のblow,stroke)の反対というより「反響」
「contre-visite」は「訪問の反対」というより「再訪」・・・
というのをみていくと、
確かに原発の再臨界とか連鎖反応とかを
表そうとした表現にみえてくるな

contre RAY(光)POS(曝)反応




147 名前:無名草子さん[]
投稿日:2011/03/30(水) 08:15:04.24

1999年7の月ということが何を示しているかということがわかった。
これは年月ではない。

原子番号、元素の周期表をしめしていたのだ。

1999
⇒1⇒水素(水素爆発)9⇒フッ素(原爆製造においてウラニウム、プルトニウムを分離させる上で不可欠な物質。人間の中枢神経に影響)
99⇒アインスタイニウム(原子炉内で中性子の連続捕獲とβ崩壊によって合成される、プルトニウム239 の多段階の中性子捕獲及び崩壊によって生成された)

年⇒年とはカレンダー⇒元素の周期表のことだった

7の月⇒原子番号には周期という枠組みがあり⇒周期はカレンダーで言う月と取れる。その第7周期に属する元素の一部がこれら。

            ↓

@フランシウム(高度な放射性を帯びる)
Aラジウム(発がん性高し、放射線を出す、崩壊するとラドンになる)
Bアクチニウム(ラジウムの150倍の放射能を持つ、青白く光る)Cトリウム(おだやかな放射性物質。酸化物と混合すると、トリウムは空気中でゆっくりと灰色へと変色して、最終的には黒色になる。)
Dプロトアクチニウム(プロトアクチニウムは猛毒で、高度に放射性である。プロトアクチニウムはプルトニウムのアルファ線と同じく強い発癌性を持つ。)
Eウラン(唯一天然に産出する核分裂核種として、原子力利用において極めて重要である。
Fネプツニウム(ネプツニウムは原子力発電等に使用されるプルトニウム239の製造原料となる。)
Gプルトニウム(アルファ線放出で肺がん率を高める発がん性が非常に高い。原子炉において、ウラン238が中性子を捕獲してウラン239となり、それがベータ崩壊してネプツニウム239になり、更にそれがベータ崩壊してプルトニウム239を形成する。)
Hキュリウム(超ウラン元素。すべてが放射性。キュリー夫妻(放射能という名を考案、放射線により原子が推移することを実証)が由来。

第7周期元素には今回の件に絡む元素の羅列が満載している。

間違いなくこのことを指しているだろう。年月ではなかったのだ。ノストラダムスは元素周期表のことを指していたのだ。
遂に判明した。





129 名前:無名草子さん[]
投稿日:2011/03/27(日) 19:37:06.59

11回以上も 月は日の国を望まない
すべては増大し、そして水準をドッと下げる
あまりに下がるので 人々は、わずかな金しか縫いつけれない
飢えとペストのあと その秘密が現われるだろう

すべて恵まれているところ、とてもうまく行っているところ、日の国と月よ
豊かに満ちあふれているところ、その荒廃は近い
おまえの幸運を虚しくするものが、まもなく空から襲う
同じ国の中に、七番目の暗礁も来る



146 名前:無名草子さん[]
投稿日:2011/03/30(水) 07:41:03.67
7番目の暗礁って何だろう
もしかして
もんじゅ?
怖いよう怖いよう
生きてるの怖いよう



143 名前:無名草子さん[]
投稿日:2011/03/29(火) 08:34:57.91
しかし光と反対のもの、は
目に見えない、ということだったんだね
ぺストはペストみたいに見える何かなのかな。
血液の病気とか



148 名前:無名草子さん[]
投稿日:2011/03/30(水) 17:47:04.40
血液の病気=白血病



149 名前:無名草子さん[]
投稿日:2011/03/31(木) 13:27:48.12
血小板減って皮下出血とかの人を
ノストラダムスがそう表現したのかな



posted by はなゆー at 07:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
余談だけど、フッ素は諸外国では使用が制限されてる。でも日本では、虫歯予防に効くとか言って推奨される。調理器具などにも。
脳に作用して反抗心を削ぐ為との説。
僅かだけど、歯磨きにフッ素使用されていない製品もあり。
Posted by eggplant at 2011年04月16日 09:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。