2011年04月28日

〔メモ〕柏崎刈羽原発1号機が海に放射能を流した疑惑(2007年)

☆注目 柏崎刈羽原発1号機、これだと海に放射能漏れていないか?(低気温のエクスタシー)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/718.html
投稿者 片瀬テルミドール夏希 日時 2007 年 7 月 29 日 07:20

1、5、6、7号機の数値が26日に急上昇していて、中でも1号機の数値は振り切れるくらいの値を示している。これは何を意味するんだろうか?

まさか1号機の内部に溜まっていた放射性の廃水を日本海に放出してしまったということはないだろうな??




☆WEB魚拓でグラフGET 放射能海に漏れちゃってます。
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/719.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2007 年 7 月 29 日 07:30



☆参院選後に被害の深刻な実態を少しは出すかもしれない。今は緘口令を出しているのでは?(明日から東電副社長が柏崎原発に常駐)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/735.html
投稿者 新世紀人 日時 2007 年 7 月 29 日 14:48

上の記事は今回の被害が実は深刻である事を窺わせる。
副社長が常駐すると言う事は、実態を明らかにする方向だけに向かうとは限らない事に注意すべきであろう。
参院選に向けて与党側の不利になる様々な情報は隠している筈であるから、被害の実態が判っていても発表していない可能性がある。
選挙結果が出た後で実態の一部が発表される可能性がある。
しかし、施設の再開か廃棄かについて結論を早急に出す必要があり、それについても副社長に大まかな判断を任せる積りなのかもしれない。
再開しても、また大きな地震が来れば再度の大きな破損が生ずる訳であるから消費者としても目を離す訳には行かないのだ。




posted by はなゆー at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。