2011年05月05日

〔放射能〕東京でリンパ節の腫れや鼻孔の痛みなど(4月上旬)

462 名前:M7.74(東京都)[sage]
投稿日:2011/05/05(木) 18:50:31.33 ID:ZUIY0uKi0
Early signs of health damage → We have received information from people in the Tokyo region stating that they have swollen lymph nodes and sores in their nostrils.
These are indicators that they have probably inhaled particles of Plutonium and Uranium.

健康被害の初期症状 → 我々は東京エリアからリンパ節の腫れや鼻孔の痛みなどの情報を受けている。

これらはおそらくプルトニウムとウラニウムの粒子を吸入したサインであろう。

LLRC advice → unless it is absolutely impossible to leave, evacuate to areas where there has been no fallout.
Check MEXT data (English) or MEXT data (Japanese) .

LLRCのアドバイス → 絶対にそこを去ることができない理由がないかぎり降下物のないエリアへ避難して下さい。

文科省のサイトを確認して下さい。

※LLRC:ヨーロッパで活動している低線量放射線キャンペーン団体(LLRC)はチェルノブイリ以降の健康への影響を研究している団体です


http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/405.html


02. Sss 2011年4月16日 20:25:04: 1PXxF9D5eSYEE : Rsu1mHntxc

情報ありがとうございます。今ザッと読んで見ました。稚拙な訳ですが、参考に。

健康被害の初期症状として:東京地方にいる人からリンパ節の腫れや鼻腔にチクチク感を感じるという報告を受けている。これらはおそらくプルトニウムやウラニウムの粒子を吸い込んだであろう時の兆候である。

と、書いてあります。。。。




05. 2011年4月16日 23:06:51: XMcgadng6s
「健康被害の初期兆候
東京地方の人々から情報を受け取っています。彼らはリンパ節の腫れと鼻腔内のひりひりする感じを訴えています。
これらは次のことを示しています。
彼らはたぶん十中八九プルトニウムとウラニウムの微粒子を、すでに吸い込んでしまっています。
LLRCからのアドバイス
避難が絶対できない状況でないなら、
逃げろ、放射性物質がまだ降り注いでいない場所へ--MEXTのデーターをチェックしろ。」

その上には次の言葉があります。
「もしも食べ物が50Bq/Kg以上の汚染値を示していたら、まったく選択の余地がない場合を除いて、それを食べるな。
日本政府は、直ちに、日本国民が汚染された食品を食べることを防ぐために、国際的な食糧供給援助を求めるべきだ。」






10. 2011年4月18日 16:54:07: RKQKcfo6Jc

4月11日付 12日改訂版

「日本の人々へのアドバイス

日本の広域が汚染されています、測定された汚染レベルは1時間当たり1マイクロシーベルトに達しています。
この汚染値はセシウム137についてだけのものです。
この汚染値では、アルファ線を放出する核種であるプルトニウムとウラニウムは測定されていません。
これらプルトニウムとウラニウムによる汚染こそが健康への真の脅威です。
公的な情報源は、このプルトニウムとウラニウムの危険性についてまったく触れていません、数百トンものウラニウムとプルトニウムが、あの使用済み核燃料庫から失われているのに。
周知の事実として、1760トンにも及ぶ使用済み核燃料があの場所にはたくわえられていました。
それら使用済み核燃料の一部は原子炉格納容器の屋根に近い部分にありましたが、これらの高解像度航空写真が示すようになくなっています、爆発の後では。

吸収線量Dose

日本政府が公表している吸収線量Dose(1時間あたりのマイクロシーベルト・μS/h)は、リスク(危険性の程度)を測り示すものではありません。
政府が示すデーターは、強烈なガンマ線放出物質であり監視測定がたやすいセシウム137についてのものです。
セシウム137についての政府のデーターは、危険なアルファ線やベーター線を放出する核種が、かなり確実に、すでに放出されて環境中に存在していることを、示しているとみなされるべきです。危険なアルファ線を放出する核種であるウラニウムや、ベーター線を放出するストロンチウム90は、直接検出するのがとても困難です。

食べ物-LLRCからのアドバイス

1キログラム当たり50ベクレル(Bq/kg)以上の汚染値を示す野菜とその他の食品は、セシウム以外の他の放射性核種による空気汚染があることを示しています。
もしも食品が1キログラム当たり50ベクレル以上の汚染値を示していたら、あなたが他に選択の余地がない場合以外は、食べてはいけません。
日本政府は、日本国民が汚染された食品を食べないように、国際的な食糧援助を直ちに求めるべきです。


健康被害の初期症状

LLRCは、東京地区の人々から次のような情報を受け取っています、彼らはリンパ節が腫れたり鼻腔がひりひりとしてただれていると言っています。
これらの症状は次のことを示しています、彼らは、たぶん十中八九、プルトニウムとウラニウムの微粒子をすでに吸い込んでしまっています。
LLRCからの、それらの人々へのアドバイス
今いる場所から離れることがどうしても不可能な場合以外は、避難してください、今までに放射性降下物が降り注いでいない場所へ。放射性降下物についてはMEXTのデーターをインターネットでしらべてください。

避難するべきか否か

ここに新しい科学的研究に基づく考え方を紹介します。
これは放射能汚染による健康への影響を病気の発生数として示します。
簡単な例をあげると、ある地域が1時間当たり1マイクロシーベルトのレベルで汚染されていると、その地域の放射性降下物は、人々が癌になる危険性を今後10年間に11パーセント高めます。
どんな方法でこの数値がわかるか。
日本の公的機関は、汚染レベルについてのデーターを公表しています、それらはセシウム137の観測に基づく1時間あたりの線量率(dose rates)として示されています。
したがって、癌発生数をトンデルと彼の共同研究者が使用したのと同じ基準で計算できます、彼らは批判に耐えうるまたそれまでの研究を尊重した穏健な方法で、チェルノブイリ事故の後、スウエーデンにおける癌の発生を研究しました。
スウェーデンはご存知のように、ウラニウムによって汚染され続けています、ただし放射性降下物の分布図はセシウムのデーターによるものです、その点は25年後の日本とまったく同じです。
トンデルと彼の共同研究者の発見によれば、地表1平方メートルあたりセシウム137が100キロベクレルを示すと、癌発生率が11パーセント増加します。
癌発生数はチェルノブイリ事故の10年後に調べられました。10年後以降も癌は発生したでしょうが、トンデルたちの研究では調べていません。・・・・・・・・」



posted by はなゆー at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。