2011年05月05日

〔放射能〕福島県が招聘したアドバイザー山下俊一教授が「逃げ」

きっこ(ジャコビニ流星打法)
http://twitter.com/#!/kikko_no_blog/status/66075876411969536
福島県に雇われて県民に「放射能安全説」を吹聴している御用学者、山下俊一を何とかしないとダメ。



themasuya(福島市出身。両親や祖母、姉の家族が福島市在住)
http://twitter.com/#!/themasuya/status/65977635553021952
会場着きました。後1時間半です。山下俊一放射線健康リスクアドバイザー講演 @喜多方プラザ文化センター大ホール13:30。



ヘナ(4児の母)
http://twitter.com/#!/lovepeacemama/status/66013585859559424
福島をモルモットにするな!(会場の声


themasuya(福島市出身。両親や祖母、姉の家族が福島市在住)
http://twitter.com/#!/themasuya/status/66089772988379137
県の幹部に囲まれ途中でマイク取り上げられました(苦笑)言論弾圧を受けました。泣。


ヘナ(4児の母)
http://twitter.com/#!/lovepeacemama/status/66020709410947072
え?母乳に出たヨウ素はまったく問題ない??と言った?


ヘナ(4児の母)
http://twitter.com/#!/lovepeacemama/status/66017195938947072
喜多方市も県民や市民の健康より経済の方が大切なんでしょう…文科省や政府と同じです


themasuya(福島市出身。両親や祖母、姉の家族が福島市在住)
http://twitter.com/#!/themasuya/status/66074561409585152
郡山市に引越しする子供がいるお母さんの、土遊びは大丈夫?の質問に対し、お母さんによって遊んで良いかどうか決まると無責任発言。山下俊一。


Divina Commedia
http://twitter.com/#!/Beatrice1600/status/66026830855020544
今日の山下俊一氏今までと随分トーンが違う。「長期の放射線障害はわからない」「放射線障害に関しては専門家の間でも意見がわかれている」「放射線障害にはグレーゾーンが広く、非常時には安全ラインを国が決めなければならない」などなど。今日の山下氏自身が今まで一番グレーだ。


fusappe
http://twitter.com/#!/peacecandlesun/status/66094083151638529
今日の講演会で、福島県リスク管理アドバイザー山下俊一が、100mSVまで大丈夫という表現が誤りだったと認めたんだって。この人でしょ「裸で歩いても大丈夫」といったのは。お辞め!



はぐちゃん (5月3日)
http://twitter.com/#!/hughugmagic/status/65330647669018624
今日の講演会で、福島県リスク管理アドバイザー山下俊一が、100mSVまで大丈夫という表現が誤りだったと認めた。福島県民の各広報紙にも大々的に書いてある事実をくつがえす発言。しかしながら僕が見る限り地元テレビ局はひとつも取材にきてない。福井テレビのみだった。恐ろしいが事実。



Atsuko Miyazaki
http://twitter.com/#!/HOTRESORT/status/65593660003205120
震災後早く福島に来たから、もともと人選として決まってたんだろうね。





《アーカイブ》

awoni.net (5月1日)
http://twitter.com/#!/awoni/status/64495940366630912
福島県知事と山下俊一アドバイザーは、100mSvまでの被爆は安全だといって子供で人体実験をするのはいい加減に止めましょう。東京電力が支持していて原発推進側には本当に都合のいい学説ですが、ICRPでも採用されていないし、安全だという確証もありません。



29 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区)[sage]
投稿日:2011/05/02(月) 00:45:25.19 ID:3g8GQcwiP

何だか福島県と長崎新聞に言ってることが違うように思えるんだが・・・
「ただし理論値であり、誤差を検証しなければならない。」とはしてるけど

長崎新聞ホームページ:【東日本大震災】インタビュー/長崎大医歯薬学総合研究科・山下俊一教授 (3月25日)
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/daisinsai/2011/03/25103728.shtml



32 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(福島県)[]
投稿日:2011/05/02(月) 06:52:40.00 ID:fcLZrxM00 [1/2]
長崎県民にはまともな事言ってんだな、福島市民には100マイクロシーベルト/hを超さなければ外でどんどん
遊んでいいって言ってるんだが。

2011年3月21日14時- 山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関係」講演会(後半)
http://ameblo.jp/kaiken-matome/entry-10839534940.html

Q9の答え
山下:科学的に言うと、環境の汚染の濃度、マイクロシーベルトが、100マイクロシーベルト/hを超さなければ、全く健康に影響及ぼしません。ですから、もう、5とか、10とか、20とかいうレベルで外に出ていいかどうかということは明確です。昨日もいわき市で答えられました。「いま、いわき市で外で遊んでいいですか」
「どんどん遊んでいい」と答えました。福島も同じです。心配することはありません。是非、そのようにお伝えください。
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/283.html



33 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(東京都)[sage]
投稿日:2011/05/02(月) 12:53:10.44 ID:kwdfataG0
原子力推進御用学者・山下俊一をアドバイザーに迎えた福島県は信用ならない。
http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201105021250550000.jpg




87 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(埼玉県)[]
投稿日:2011/05/04(水) 19:56:14.88 ID:V8sHrFdw0
自分たちの利益のために他人の命と健康をないがしろにできる「学者」とは何を学んできたのか?
そんなに他人を傷つけたいのなら暴力団にでも入るがいい。
こんな奴のせいで新たな差別が生まれるのが悲しい。


posted by はなゆー at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック