2011年05月06日

浜岡原発4・5号機の“一時”停止の発表は「スピン」にすぎない

富永秀一(環境ジャーナリスト)
http://twitter.com/#!/otomitv/status/66436663018127360
NHK石川氏「この土壌のデータが本当なら、1平方メートルあたり300万ベクレルなど、チェルノブイリの汚染と比べても驚く汚染になっている地点がある。間違えていないか。」文部科学省「間違えてないと思う。」


藤巻茂也
http://twitter.com/#!/tobuchi/status/66440802087342080
合同会見のNHK石川氏の質問から、セシウムはチェルノブイリで148〜380万ベクレル/平米に対し、福島の測定で最高300万ベクレル/平米が明らかに。チェルノブイリの10分の1という言い訳が、いよいよ通用しなくなってきた。この数字だけで言えば同程度の汚染になる。





菅直人首相は6日夜、首相官邸で記者会見し、浜岡原子力発電所について「新たな防波壁が完成するまで」すべての原子炉の稼働停止を要請した、と表明した。あくまでも「新たな防波壁が完成するまで」である。



☆首相、稼働中の浜岡原発4、5号機の停止要請へ (朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/0506/TKY201105060230.html

菅直人首相は6日夜、首相官邸で記者会見し、静岡県御前崎市にある中部電力の浜岡原子力発電所について、安全対策として中電が検討している新たな防波壁が完成するまで、定期検査中の3号機のほか、現在稼働中の4、5号機も含めてすべての原子炉の稼働停止を要請した、と表明した。


              ↓


疑問あり
http://twitter.com/#!/gimonari/status/66447031870296066
菅の会見の時間、何か隠したいニュースあったのかな?



☆スピン (パブリック・リレーションズ)
http://goo.gl/F1ZS4
他にも、悪いニュースの公表を遅らせて、より重要もしくは良いニュースや事件の陰に隠れて目立たないようにするテクニックもある。2001年9月11日にイギリスの政府広報担当者ジョー・ムーアが送信した電子メールの中で、「今日は、葬り去りたいニュースを発表するには絶好の日だ」と書いたのも、このテクニックに言及した有名な例である。



☆Spin (public relations)
http://goo.gl/UhTl9
"Burying bad news": announcing one popular thing at the same time as several unpopular things, hoping that the media will focus on the popular one.
(“悪いニュースを覆い隠す”:バッドニュース公表に前後して、大衆受けするニュースも公表し、メディアや大衆の関心がそちらの話の方に集中するようにしむけること。ルアー戦術。囮戦術)

【送料無料】スピンドクタ-

【送料無料】スピンドクタ-
価格:880円(税込、送料別)




posted by はなゆー at 19:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菅首相の決断をほめてほめて、脱原発から後戻りできないところまで後押ししたらいいと思うよ。
Posted by ふたば at 2011年05月06日 21:46
貴ブログ主は、「憎いミンス」がやることをすべて悪く受け取るネット右翼と同じ。
悪意とマイナス思考の塊。

共産党や社民党でさえ評価しているのに。

◆自民、「浜岡停止」に複雑=共社は評価
共産党の市田忠義書記局長は
「一歩前進だ。さらに廃炉に追い込むため追撃していきたい」と表明。
社民党の福島瑞穂党首も「ありがたい決断だ。脱原発の未来を切り開く」と語った。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011050600892
◆与野党反応 自民・石原氏「電力供給はどうなるか」
福島瑞穂社民党党首「首相の英断を高く評価する。脱原発の未来を切り開く大きな一歩となる。
東海地震が起きる前に決断してくれて良かった」
穀田恵二共産党国対委員長「浜岡原発は活断層の上にあり、停止要請は当然だ。
これを機に『安全神話』との完全な決別が必要だ」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110507/stt11050700540002-n1.htm

地元の脱原発派も評価している。

◆「首相の決断に感謝」=浜岡原発反対派
原発に反対する地元の市民団体「浜岡原発を考える静岡ネットワーク」の事務局長で、
浜岡原発の運転差し止めを求めている訴訟の原告でもある鈴木卓馬さんは6日、
「一時的停止という意味合いの要請だと思うが、首相の決断に感謝したい」と述べた。
その上で、「今回の判断が、原発推進だった国のエネルギー政策転換の第一歩となることを期待する」とした。
同ネットワークの代表白鳥良香さん(78)は「浜岡が世界一危険な原発だと政府にも分かってもらえて、感激している。
一時的停止ではなく、廃止までぜひいってほしい」と声を弾ませた。
長年、原発反対運動に取り組んできた佐野慶子静岡市議は「福島原発事故で世論が動いた。
浜岡原発の運転停止はまだ一歩にすぎない。今後も原発の危険性を訴える運動を続けたい」と語った。 
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-06X765/1.htm

他方、自民党は反発。
貴ブログ主のスタンスは、自民党と近いのではないか。
なぜなら、ネット右翼が流布しているデマ=「事業仕分けをしたから、事故が起きた」というデマを鵜呑みにして、
そのまま投稿し、「憎いミンス」を批判したこともその証拠のひとつ。
ほんとうに脱原発派なら、原発交付金のように、いわば「地元住民の顔を札束でなでる」ような原発推進政策に
メスをいれるべきではないのか。
むしろ、事業仕分けをやるべきなのだ。
「事業仕分けをしたから、事故が起きた」というデマを流布するなんて、頭がどうかしているとしか思えない。

◆浜岡原発停止要請に自民反発
http://news.nifty.com/cs/topics/detail/110506397235/1.htm
Posted by yuri at 2011年05月07日 09:40
今回の「浜岡原発停止要請」はとりあえず一歩前進とは言えますが、あくまで改修が終わるまでの一時的な措置であり、政策の変更を意味しない点に注意すべきです。

反原発デモに対する武力弾圧からもわかるように、民主党政権の原発推進政策には些かの変更もありません。

懸念されることとしては、民主党政権が夏の一番暑い時期に大規模な停電騒動を起こし、原発の必要性をアピールする動きに出る可能性があります。
そのような動きに十分注意すべきでしょう。
Posted by nekonekoneko at 2011年05月08日 08:21
「武力弾圧」?
意味、わからん。

「原発推進政策」を変更するのか、否かは、これからエネルギー計画をどう見直すかなどで
明らかになることであり、「些かの変更もありません」と断定するには時期尚早。
Posted by yuri at 2011年05月08日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。