2011年05月06日

〔メモ〕放射能に(多少は)効くサプリメント一覧

789 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(兵庫県)[sage]
投稿日:2011/05/05(木) 23:46:41.61 ID:Wa1+GFzt0

「放射能に効くサプリ」でよければ、ここも参考に(ただし英語)。
http://www.sott.net/articles/show/226021-Detoxify-or-Die-Natural-Radiation-Protection-Therapies-for-Coping-With-the-Fallout-of-the-Fukushima-Nuclear-Meltdown

アメリカの心臓外科医が被曝の対処法(デトックス)をまとめている。
↓が有効とのこと。

・スピルリナ(1日5g×45日服用で尿中の放射性物質を半減。とくにセシウムを除去)
・クロレラ(スピルリナと似たような効果)
・アルギン酸ナトリウム(ストロンチウムと結合)
・お茶(カテキンが効くかも?)
・ペクチン(飲食による内部被曝に最も効果的。ビタミン・ミネラルと併せて摂取する)
・DMSO(京大で研究実績あり)
・αリポ酸(チェルノブイリの清掃員(事故10年後)に600mg×2ヶ月投与で回復効果あり)
・N-アセチルカルチニン
・マグネシウム
・ビタミンC(1日1000mg〜4000mgが目安)
・ヨウ素

出てくる成分の多くは既出だが、根拠となる論文・研究に言及しているから、ネットで拾える情報の中では信憑性はある方だと思う。

この中では、俺はDMSOは初めて知った。
ジメチルスルホキシドと言って、溶媒や膀胱炎の治療薬に使われているモノらしい。

これが放射線からDNAを守るということで、京大の原子炉実験所から研究論文が出ている。
(注:PDFファイルである)
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/134564/1/jrr.09106.pdf

ただ、日本では危険物に指定されていて、俺は素人だから安全性は断言できない。
また、DMSOの化合物であるMSMというモノがサプリとして入手可能だが、効果は落ちるとのことで、放射能に効くかは分からない。

心配な人は、さしあたりスピルリナ、ペクチン、αリポ酸、ビタミンCあたりを試してみては。
ある程度効果が実証されているし、サプリで簡単に手に入るもので副作用も少ないだろうから。

っていうか、この記事3月18日に書かれてるんだよな。
海外の情報が速いと言うべきか……



792 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(茨城県)[sage]
投稿日:2011/05/06(金) 01:02:59.21 ID:5IrcUavD0 [1/2]
ペクチンって、ジャム作るときも固める働きがある。
柚子だと種表面にペクチンだね。




☆原発事故「最も憂慮すべきは遺伝子変異」
(スイス国際放送)
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=29799892

swissinfo.ch:チェルノブイリの場合、子どもへの医療行為はどの程度可能でしたか。

ヴァルター:普通なら子どもが甲状腺がんにかかることはない。事故前のウクライナでは住民5000万人に対し年間3人ほどだった。しかし、事故後1500人の子どもが甲状腺がんを患った。4000人という話もある。

それまでこうしたことはなかった。これはヨウ素131の影響だった。もし事故直後に政府が子どもたちに安定ヨウ素剤を与えていれば避けられただろう。当時の子どもたちに急性被曝があったとは思えない。

セシウムに関しては、ウクライナでは大人も子どもも食品から摂取している。それは今も変わらない。これに対してはりんごペクチン剤が服用されている。りんごペクチンは体内のセシウムの量を減らし、継続的なセシウムの摂取に対しても有効に働く。




posted by はなゆー at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。