2011年05月08日

山下俊一アドバイザー「子供たちが発病しても責任はとらない」

195 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区)[sage]
投稿日:2011/05/08(日) 02:08:23.53 ID:mZwsoBYk0

質疑のところ聞いてみた

山下俊一氏による講演(5月3日・二本松市)【後半/質疑】
http://www.youtube.com/watch?v=ZlypvPRl6AY
4:04よりの受け答え。

Q「今まで、あなたは安全安全と言ってきたが、5年後10年後に子供たちの健康に影響があったらあなたは責任を取れますか?YesかNoで答えてください」

A「将来のことは誰も予測できない。その質問に答えるには福島県民全員に協力してもらって何十年にもわたる疫学調査が必要。だから、その質問への答えはNoである」


意訳:安全かどうかは、お前らを人体実験して調査しないと分からないよ。結果が出るのには何十年もかかるから、俺は責任取る前に死んでるしw




198 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(福島県)[]
投稿日:2011/05/08(日) 08:58:54.52 ID:mO9xzTMN0
長崎新聞HP
(3月24日)インタビュー/長崎大医歯薬学総合研究科・山下俊一教授 
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/daisinsai/2011/03/25103728.shtml
長崎では・・・
国が公表した放射性物質の飛散状況の試算によると、北西方面と南方面は30キロを越えたところまで届いていることを聞かれて、「子どもや妊婦を中心に避難させるべきだ。」と発言。
この後に、飯舘村に講演に行って、「大丈夫」「避難の必要はない」と発言。



posted by はなゆー at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。