2011年05月10日

東日本の「電波時計」向け信号送信を月1度ながらも再開した

☆NICT、電波時計向けの信号送信を再開……今後も一定期間、月1度程度の送信 (RBB TODAY)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110510-00000004-rbb-sci

http://www.asyura2.com/09/news8/msg/531.html

送波が行われている時間帯に電波時計で受信を行えば、時刻が自動補正される。今後は月1度程度の頻度で送波が行われる予定。



posted by はなゆー at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。