2011年05月10日

〔資料〕安定ヨウ素剤の服用に関する福島県立医科大学の見解

福島県立医科大学小児科学講座
http://www.fmu.ac.jp/home/pediatrics/styled-4/

放射線被曝に対する安定ヨウ素剤の内服について

 原子力発電所より新たに多量の放射線が放出された場合には、40歳以下の方は安定ヨウ素剤を服用する必要が生じる可能性はあります。しかし、現在の環境放射線量では内服する必要はなく、逆に不要な内服は甲状腺機能低下症などの障害をおこす可能性があります。

 内服が必要な場合には備蓄からの配布が行われますので、関連自治体の指示に従って下さい。


posted by はなゆー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。