2011年05月13日

国交省が放射性物質含む「汚泥」のセメント転用の容認を発表し波紋

☆放射性物質 下水汚泥処理 政府「当面の考え方」を発表
(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000110-mai-soci

http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/107.html

福島県内の下水処理場の汚泥などから高濃度の放射性セシウムが検出された問題で、政府は12日、当面は下水処理場内などに仮置きし、比較的低濃度のものはセメントなどへの再利用を認めるなどとする「当面の考え方」を発表した。

(略)

また、1キロ当たり1000ベクレル程度以下の汚泥については、他の材料との混合・希釈などで同100ベクレル以下になるなら、セメントへの再利用が可能とした。国土交通省は「再利用で可能な限り量を減らしてほしい」と説明。

(略)

ただ、今回のような汚泥を民間業者などが運ぶ事態は想定しておらず、運送業者には義務づけできないという。


               ↓


498 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区)[sage]
投稿日:2011/05/13(金) 00:50:34.38 ID:78U/703i0

福島県内の下水処理副次産物の当面の取扱いに関する考え方について
http://www.mlit.go.jp/report/press/city13_hh_000125.html

添付資料
(注:PDFファイル)
http://www.mlit.go.jp/common/000144244.pdf




503 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区)[sage]
投稿日:2011/05/13(金) 01:31:16.71 ID:b/Yyn4Q50

500bq/k以下なら家に使っても子供でも362μsv/年しか被曝しないから健康に影響ないだって?

少しでも国民を被曝させないために放射線汚泥は使わないようにするのがまともな判断だろ・・・

こんなコンクリ使ったらまじで汚染列島だよ



posted by はなゆー at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。