2011年05月14日

〔グラフ〕3月15日前後の福島第一原発周辺の空間線量率

福島3号機爆発のキノコ雲のようなものについて
http://www.youtube.com/watch?v=FHPNjY4nEvE



668 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(空)[sage]
投稿日:2011/05/14(土) 09:25:08.12 ID:7+MgcwQc0 [2/2]
今更だけどあの1、3号機が短期間に爆発して東京まで線量が馬鹿みたいに上がったじゃん。
原発周辺なんておぞましい線量だったんだろうね。


698 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(茨城県)[]
投稿日:2011/05/14(土) 09:29:11.05 ID:UnwZfEQd0 [4/4]
そりゃ10mSv/hの世界だったからな、15日あたりのフクイチは。
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/monitoring/tepco_nisa_monitoring03.gif




☆文科省ようやくWSPEEDI予測値(広域汚染状況)の一部を公表:東京もチェルノブイリ第三区分入りが濃厚に
(中鬼と大鬼のふたりごと)
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-49.html

超高濃度汚染地区(黄色):1,000,000-10,000,000Bq/m2

福島県東部(避難エリア)だけでなく郡山市北部から福島市中心地を経て宮城県白石市南部あたりまで、そしていわき市より南の茨城県北茨城市・日立市あたりまでのエリア。ちなみに同じ資料の2ページ目を見ると、福島県本宮市や茨城県高萩市あたりまでヨウ素131による幼児甲状腺等価線量が50-100ミリシーベルトという凄まじいレベルの汚染エリア(オレンジ色)、福島県福島市や宮城・茨城・千葉の一部に20ミリシーベルト以上の超高濃度汚染エリア(黄色)が広がっていることが分かる。


高濃度汚染地区(緑色):100,000-1,000,000Bq/m2

福島県中部の大部分、宮城県の約8割、山形県の南東部、茨城県のほぼ全域、栃木県の約5割、千葉県の北部・東部と南端部、埼玉県の約4割、群馬県の約2割、東京都の奥多摩を除く大部分、神奈川県の約5割(横浜市の一部含む)、静岡県伊豆半島(熱海市から伊東市にかけて)などのエリア。

中濃度汚染地区(水色):10,000-100,000Bq/m2

上記以外の東北・関東・静岡・山梨のほぼすべて、秋田県南東部、新潟県の約5割(南側)・長野県北東部などのエリア(※福島県西部は東京都心より濃度低い)。

低濃度汚染地区(濃い水色):1,000-10,000Bq/m2

東海地方の一部、日本海側の北陸・東北地方の一部。

※超高濃度・高濃度・中濃度・低濃度という言葉は当ブログ独自もので、あくまでWSPEEDIの濃度区分に便宜上当てはめただけです。ちなみにヨウ素131は放射線を出し終わるとキセノン131という放射性物質に変化します。



posted by はなゆー at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。