2011年05月18日

〔史料〕民主党政権は平然とウソをついて関東在住者を被曝させた

3月15日東京の放射線量増加
Abnormal increasing Radioactive in Tokyo
http://www.youtube.com/watch?v=hMKo9ZmhEjo&NR=1
3月15日8時ごろの、原子炉爆発で東京(台東区)の放射線量が急上昇。12日よりモニータしていたが、通常値の10倍近い値まで上がった。しかし、その後、異常値ではあ-るが、低下傾向である。斎藤糧三撮影




☆枝野氏会見「放射性物質大量飛散の可能性低い」(14日午前11時40分)
(3月14日の産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110314/plc11031412460023-n1.htm

「従いまして、放射性物質が大量に飛び散っている可能性は低いと認識を致しております。ただ、1号炉で同種の水素爆発が生じたときと同様の放射能のレベルの上昇というものは、推測をされるところでございますので、現在、20キロ圏内からの退避の途上であったごく少数のみなさん、残っておられましたが、こうしたみなさんに直ちに建物の中に念のため退避するよう指示を下したところでございます。





☆3号機でも水素爆発 福島原発、11人けが
(3月14日15:08のJ-CASTニュース)

http://www.j-cast.com/2011/03/14090412.html

2011年3月14日11時すぎ、東京電力の福島第1原発(福島県)の3号機で水素爆発が起きた。経済産業省原子力安全・保安院が発表した。

12日に1号機で起きた原子炉建屋上部の水素爆発と同じ形とみられ、枝野幸男官房長官は、原子炉格納容器などの健全性は確認されており、「放射性物質が大量に飛び散っている可能性は低い」と述べた。


            ↓

84 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(埼玉県)[]
投稿日:2011/05/17(火) 23:24:35.62 ID:7rqHCIJh0 [1/4]

>関東の不幸はプルサーマル3号機爆発後の風が南向きで関東に吹いてしまったことですね

この時、きちんと情報公開し国民に注意喚起すべきだった
政府、東電、役人は隠蔽し、関東人は致命的な被曝をしてしまった






《民主党政権が隠そうとした“汚染予想図”》

きっこ(ジャコビニ流星打法)
http://twitter.com/#!/kikko_no_blog/status/70156337153196033
あたしが総理大臣なら、東日本の本当の放射能汚染度をすべて公開して、まずは自力で逃げられる人たちをどんどん逃がした。そして次に逃げたくても逃げられない人たちに対して、できるだけのバスを手配して少しでも汚染度の低い場所へ一時的に避難させた。でも菅さんはこれと正反対のことをした。




きっこ(ジャコビニ流星打法)
http://twitter.com/#!/kikko_no_blog/status/70084287059329025

菅首相が隠蔽した汚染予想図
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/05/blog-post_16.html

(注:PDFファイルである)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/05/10/1305748_0315_06.pdf

を見ると、飯館村と同じ赤いエリアが埼玉や茨城にも及んでいる。これは現在「ホットスポット」と指摘されているエリアと合致する。文科省と米国エネルギー省が実施した航空モニタリング

(注:PDFファイルである)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/05/06/1305820_20110506.pdf

(注:PDFファイルである)
http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/0312-0424_in.pdf

では80キロ圏内しか分からないので、早急に広範囲の航空モニタリングを実施すべき。



              ↓


ろーずまりー(茨城県守谷市。2010年6月に男の子を出産)
http://twitter.com/#!/emosuke1979/status/70136296965804032
愕然。15日、10ヶ月の子ども連れて買い物に出ていた…しかもオレンジ色の範囲。“


小林一朗
http://twitter.com/#!/ichirokb/status/70176898231181312
県・市と各議員は住民を被曝させたことのお詫びから始めなければなりません!しかしそんなことを言った責任ある役職の人がいるでしょうか???


ブッダ=釈迦=ゴータマ・シッダールタ
http://twitter.com/#!/budha_bot/status/70191030485524480
まだ悪の報いが熟しない間は、悪人でも幸運にあうことがある。しかし、悪の報いが熟したときには、悪人は災いにあう。

ラベル:枝野幸男
posted by はなゆー at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3月15日原子炉爆発時、原子力安全・保安院の方たちは50キロ離れた郡山に避難していたそうです。さすが安全な場所をご存知なんですね。
その間国民は何も知らされず高濃度?の放射能が東京上空にまで飛んできていたわけです。
マスコミも政府も平然と直ちに健康被害はないと言い続けていますが、ご自分たちだけ安全な場所に避難していたのでしょうか?
国民の安全な生活、命にかかわる重要な情報を速やかに開示しなかった。これを重罪と言わずなんというのでしょう。
Posted by 死の灰 at 2011年05月18日 01:56
お釈迦さんの言葉には「輪廻転生」という現象が、前提にあると思う。つまり、あらゆる、狡く汚い手を使って逃げおおせたと思っても、天は決して見逃さないという事。というより、行為の反映。何万年も消える事のない放射能の影響を、結局は、彼らは自分達で「味わう」運命にあるのだと思う。
Posted by eggplant at 2011年05月18日 09:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック