2011年05月19日

〔原発事故補償〕日本の法律は電力会社の側が圧倒的に有利

509 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区)[sage]
投稿日:2011/05/19(木) 14:01:32.73 ID:k9JviJVd0 [5/6]

この国の法律すげぇ〜!!

○ 環基本境法「 第十三条  放射性物質による大気の汚染、水質の汚濁及び土壌の汚染の防止のための措置については、原子力基本法 (昭和三十年法律第百八十六号)その他の関係法律で定めるところによる。」

○環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律(環境基本法第2条)

○水質汚濁防止法(環境基本法第16条)「第二十三条  この法律の規定は、放射性物質による水質の汚濁及びその防止については、適用しない。」

○大気汚染防止法(環境基本法第四十三条)「第二十七条  この法律の規定は、放射性物質による大気の汚染及びその防止については、適用しない。」

○石油代替エネルギーの開発及び導入の促進に関する法律 「3  経済産業大臣は、供給目標のうち原子力に係る部分については、原子力基本法 (昭和三十年法律第百八十六号)第二条 に規定する基本方針に基づいて行われる原子力に関する基本的な政策について十分な配慮を払わなければならない。」

○海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律「 第五十二条  この法律の規定は、放射性物質による海洋汚染等及びその防止については、適用しない。」

○土壌汚染対策法「第二条  この法律において「特定有害物質」とは、鉛、砒素、トリクロロエチレンその他の物質(放射性物質を除く。)であって、それが土壌に含まれることに起因して人の健康に係る被害を生ずるおそれがあるものとして政令で定めるものをいう。」

○化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律 「第二条  この法律において「化学物質」とは、元素又は化合物に化学反応を起こさせることにより得られる化合物(放射性物質及び次に掲げる物を除く。)をいう。」

○環境影響評価法 「第五十二条  この法律の規定は、放射性物質による大気の汚染、水質の汚濁(水質以外の水の状態又は水底の底質が悪化することを含む。)及び土壌の汚染については、適用しない」

これなら確実に責任逃れできるwwwwww




643 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(dion軍)[sage]
投稿日:2011/05/19(木) 14:22:40.60 ID:DMGjN8MH0 [21/21]
反原発デモとかやってる場合じゃねえ
法律改正デモしないとこれはやばい



666 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区)[sage]
投稿日:2011/05/19(木) 14:24:47.97 ID:k9JviJVd0 [7/7]
今回は放射性物質に限った法律のみの抽出だけど、
暇なときちょっとずつ読んで一回法律全部読んでみてごらん。
マジでこの国の法律はヤバいよ。(殆どの国が似たようなもんだけど。)
金持ち用なんだ。



posted by はなゆー at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。