2006年07月04日

【転載】高遠菜穂子氏より嘆願書への署名のお願い

高遠より、嘆願書への署名のお願いです。

お世話になります高遠です。
先月12日に、イラクの友人の兄が亡くなりました。交通事故
で負傷した友人のお兄さんは、病院に搬送される途中で、米軍
に止められ、病院に行くことを許されずそのまま出血多量で亡
くなったそうです。彼らの町ラマディは、今年4月から大規模
な米軍の攻撃を受けていました。先月のそれは、2004年の
ファルージャ大虐殺に匹敵すると言われました。

イラクホープダイアリーに詳細あり

http://iraqhope.exblog.jp

イラクからのメールをブログにまとめました。日本語はこちら。

http://iraqmailj.exblog.jp

英語(原文)のイラクメールのブログはこちら。

http://iraqmail.blogspot.com/

この死をきっかけに、国際緊急嘆願書を作成することにしまし
た。これはイラクホープネットワークが主体となり、私高遠が
発起人代表を務めています。ここ3ヶ月のラマディにおける米
軍の軍事行動について具体的に示した上で、イラク全体におけ
る暴力の連鎖を止めるよう求めるものです。ブッシュ大統領に
提出する予定ですが、この嘆願書(申入書)に賛同してくれる
方々の署名を集めております。

この署名がすぐさまイラクの安定につながることはないだろう
ことはよくわかっています。しかし、この中に述べたイラクの
情勢を広く世界に知らせたいというのが第一の目的であります
。そして、この嘆願書の内容に賛同してくれる方々の署名は、
イラク人に対して私たちの誠意を示すことになるのではないか
と考えました。「世界は理解してくれない」と思い込んでいる
イラクの人たちに、「イラクを見捨ててはいない」というたく
さんの人の意思表示が、少しでも多くのイラク人の励ましにな
ればと考えています。

緊急嘆願書(申入書)、署名サイト、署名の仕方(日本語解説
)、イラクで何が起きているかを知るための”イラクメール”
(イラク人から送られてきたメールをまとめたブログ)など詳
細はすべてイラクホープネットワークのHPにリンクしてありま
す。また、これらはすべて日本語と英語になっていますので、
外国の方々にも広くお知らせいただければ幸いです。

http://iraq-hope.net


また、「呼びかけ人」(個人もしくは団体)を募集しておりま
す。この嘆願書の内容に賛同し、署名を広く呼びかけていただ
ける方は下記メールアドレスまでご連絡ください。

iraq_hope_net@yahoo.co.jp


以下、申入書(日本語)を貼付けます。よろしくご査収願いま
す。

====================================

ジョージ・ブッシュ米国大統領へ

「これ以上の殺戮をどうかやめてください」

私たちは、米国政府に対し、イラク西部の町ラマディから兵を
退き、これ以上の殺戮をただちにやめるよう要求します。ラマ
ディはバグダッド西方に位置する人口40万人のアンバール州の
州都です。

米国が批准しているジュネーブ条約では、民間人に対する攻撃
、殺人、傷害、虐待はジュネーブ条約の共通3条により禁止さ
れています。この共通第3条は国際慣習法化されています。ま
た、ジュネーブ条約第4条約では、以下のことを規定していま
す。

16条 病人の保護
18条 文民病院の攻撃禁止
32条 民間人に肉体的苦痛を与える行為や虐殺を禁止

ラマディの住民は以下のような状況に置かれています。また、
ジュネーブ条約追加第一議定書に米国は締約国になってはいま
せんが、以下に指摘した規定は国際慣習法としての性格を認め
られており、仮に締約国になっていなくとも、国際法上許され
ません(以下、青文字は「ジュネーブ条約追加第一議定書」か
らの引用)。

● ラマディでは、ここ数ヶ月にわたり電気・水・食料・ガソ
リンスタンドなどのライフラインを断ち、人々の生活を困窮に
落としいれています。これはジュネーブ条約追加第1議定書54
条に違反しています。

1 戦闘の方法として文民を飢餓状態に置くことを禁止する
すなわち、住民の生活に必要不可欠なものを利用させないよ
うにして、住民を飢餓に陥れることは、いかなる理由をもって
しても禁止されています。

● 家々を襲撃し、屋上を占拠し、道行く人を狙撃し、米軍は
ラマディの街を恐怖と暴力で支配し続けています。これは、ジ
ュネーブ条約追加第1議定書第51条に違反しています。

2 文民たる住民それ自体および個々の文民は、攻撃の対象
としてはならない。
文民たる住民の間に恐怖を広めることを主たる目的とす
る暴力行為または暴力による威嚇は、禁止する。

4 無差別な攻撃は、禁止する。
すなわち、無差別な攻撃とは、軍事目標と文民または民用物
とを区別しないでこれらに打撃を与える性質を有するものをい
います。過去、米軍は民家をミサイルで攻撃し、あるいは民家
に押し入り住民を銃殺し、多数の民間人を殺傷しています。

● 米軍は検問と称して、病人さえも通ることを禁じています
。このため、治療が間にあわず亡くなる住民が多数います。こ
れは同条約追加第1議定書第10条に違反します。

2 傷者、病者および難船者は、すべての場合において、人
道的に取り扱われるものとし、また、実行可能な限り速やかに
、これらの者が必要とする医療上の看護および手当を受ける。
すなわち、いかなる場合も、住民の生命をおびやかす行為は
禁止されています。

● 米軍は市内にある病院を攻撃の対象として住民が治療を出
来ないようにしています。
これは同条約追加第1議定書第12条に違反しています。

1 医療組織は常に尊重され、かつ、保護されるものとし、
また、これを攻撃の対象としてはならない。

● 米軍はイラクでの占領を取材しているロイター通信社
のイラク人記者を含む、イラク人ジャーナリスト7人を、確た
る理由もなく逮捕・拘束しています。 これは同条約第1追加
議定書第79条に違反します。

1 武力紛争の行なわれている地域において職業上の危険な
任務に従事する報道関係者は、第50条1に規定する文民と認め
られる。
ジャーナリストも文民としての権利を有し、保護され、暴力
行為または暴力による威嚇は禁止されています。

かようにイラクにおける米軍の占領は国際条約上からみても
、あらゆる面から許されるものではありません。

今、ラマディの街には、貧しくて街を出ることが出来なかっ
た人、交通手段を持たず出ることが出来なかった人、家を守る
ため、あるいは家族を守るために出ることが出来なかった人々
が閉じ込められています。

即刻米軍はラマディの街から占領軍を退き、ジュネーブ条約
にのっとり適切な方法で住民と接することを要求します。

米国政府およびイラク政府は2004年にも二度にわたりファル
ージャを攻撃し、多くの人々を殺しました。ファルージャだけ
ではありません。過去3年間にアルカイム、ハディーサ、タル
アファル、サマッラ、ナジャフ、バグダッドで、繰り返し繰り
返し行なっています。

私たちは何度このような殺戮を見なければならないのでしょ
うか。

この間、亡くなったイラク人の数は10万人を越え、米兵は2500
人を越えました。

米兵がイラク人を殺せば殺すほど、彼らは、米国政府とイラク
政府を敵とみなし、レジスタンスが増えていきます。

米軍が敵とみなしているのはイラクの民衆そのものです。
人々を殺すことをやめ、平和的創造に向けて、その力を発揮し
てください。

2006年6月25日

===================================

長文失礼いたしました。最後までお読みくださり、ありがとう
ございました。

高遠菜穂子

*************************************

NAHOKO TAKATO

高遠菜穂子

★イラクホープダイアリー更新中★

http://iraqhope.exblog.jp

*************************************
posted by はなゆー at 13:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 来訪者へのお知らせ ☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック