2011年05月22日

〔時系列まとめ〕福島第一原発1号機への海水注入(3月12日)

232 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2011/05/22(日) 00:12:43.94 ID:2bX1gTaK

3月12日 1号機 海水注入 時系列

14時53分 東電、1号機 真水枯渇により淡水注入停止

15時36分 1号機水素爆発 準備していた海水の注水ラインが全て損傷 (東電発表)

〜18時以前、菅首相、東電から海水注入について事前報告受ける(読売)

18時00分 菅首相、淡水を諦め海水を使って注入しろと指示 (政府資料)

18時00分 菅首相、原子力安全委と経済産・保安院に対し、海水注入による再臨界の可能性について詳しく検討するよう指示 (読売)

18時30分 再臨界恐れの指摘により『海水注入は待て』と(誰かが)東電に指示 (毎日)

19時04分 東電、海水注入開始 (東電公表資料)

19時25分 東電、海水注入停止 (東電公表資料)

19時40分 「海水注入による再臨界の心配はない」と原子力安全委が首相へ報告(毎日)

19時55分 1号機の海水注入について内閣総理大臣が指示 (過去に何度も報道)

20時05分 海江田も海水注入を正式に指示 (過去に何度も報道)

20時20分 東電、海水注入開始 (過去に何度も報道)



5月2日予算委員会

東電清水社長、海水注入の指示は12日14時50分前と答弁

海江田、「12日14:53以降は海水注入実施について議論&度重なる指示を出していた」と答弁
「18時の首相の海水注入指示を受け、私が保安院に対して指示文書の準備をするよう指示した」と答弁



5月21日

細野、「(19時04分の)海水注入の事実を官邸としてはまったく把握していなかった。」
「12日18時に首相が海水注入を指示したという政府資料は間違いで、『海江田大臣が東電に海水注入の準備を進めるよう指示した』というのが事実だ」と釈明。

斑目、「私は、海水注入で『臨界の恐れがある』とは言ってない。政府による侮辱だ」と釈明。

【送料無料】失われた町

【送料無料】失われた町
価格:750円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。