2011年05月22日

〔放射能〕食品検査が大雑把すぎて国民の健康を守れそうにない

藤井辰雄(福島県猪苗代→東京都府中)
http://twitter.com/#!/tatsuofujii/status/72150467538460672
県農林事務所に確認。国の検査のいい加減さが判明。検査は1市町村で1箇所の圃場(畑)のみ、代表品目だけ。例えば対象の畑でサンプル検査したほうれん草が暫定基準値以下なら、検査以降その市町村すべての非結球葉菜類は出荷OK。無検査と同じ。


藤井辰雄(福島県猪苗代→東京都府中)
http://twitter.com/#!/tatsuofujii/status/72135140708593664
政府や自治体が行っている?であろう農林水産物の放射能検査と管理ではガンガンすり抜けて流通してしまう。市町村単位のサンプリングではなく生産者単位で検査、管理しないと意味がない。実際、販売された野菜の検査で基準値超えが。検査拒否なんて以ての外。




posted by はなゆー at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。