2011年05月23日

文部科学大臣と副大臣は福島の親たちとは会わずにFIFA会長と会談

neko(法務博士。元中小企業労働組合幹部)
http://twitter.com/#!/neko_neko_nek/status/72639673092153345
5.23 文部科学省 包囲・要請行動&院内集会に参加しました。政務三役は福島県の親御さんに会おうともしませんでした。特に鈴木寛副大臣、私は元通産官僚の彼の参院選挙の応援をしたことがあります。一生の不明です。



山本太郎(俳優)
http://twitter.com/#!/yamamototaro0/status/72523268912971776
文科省なう。大臣、副大臣、政務三役、来ず。正しい事をやっているなら、誰か来れるはず。最優先課題から逃げ続けるコヤツラは人殺し。
http://p.twipple.jp/CUgsu


北村年子(ノンフィクションライター)
http://twitter.com/#!/arigato55/status/72548874060959744
確認、今日要望したことを政務三役に伝え文書で回答すること。…これでは前回と同じではないか。福島から来てくれた子供達、ふりだしだ雨にカッパでママと一緒に座り込み。文科省が時間稼ぎしてる間にこの子達が毎日放射線をあびる。責任者出せ。大臣逃げるな。




☆山本太郎、福島の親たちとともに文科省前で抗議活動!「何も行動しなければ、僕は自分を許せない」 (シネマトゥデイ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000018-flix-movi

http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/609.html

いま、この瞬間にも福島の子どもたちは、原発から漏れ出ている放射能を浴び、被爆し続けている。「今の日本は、まるで殺人国家だ」山本とともに、多くの親たちが、涙ながらに声を張り上げている中、対応した文科省職員からは「年間20ミリシーベルトを撤回する」という言葉が出てくることはなく、最後には、「100ミリシーベルト以下では、ガンなどの発症に影響があるとは科学的に認められていない」とまでのたまった。あまりにもひどい対応に怒りの声が上がる中、文部科学大臣の高木義明が出てくることはついになかった。


              ↓


☆FIFA ブラッター会長が来日 クラブW杯は日本で実施
(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000026-maip-socc

http://www.asyura2.com/09/sports01/msg/327.html

FIFAとしての東日本大震災復興支援策を話し合うため、23日来日したブラッター会長は、菅直人首相や高木義明文部科学相を表敬訪問。




☆首相動静 (時事通信。最終更新:5月23日20時21分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000015-jij-pol

http://www.asyura2.com/09/sports01/msg/328.html

午後5時19分、執務室を出て特別応接室へ。同20分から同27分まで、ブラッター国際サッカー連盟(FIFA)会長、小倉純二日本サッカー協会会長。鈴木寛文部科学副大臣同席。



               ↓


館野公一
http://twitter.com/#!/mandolinbum/status/72634394917093376
石原慎太郎氏が環境庁長官だった時、水俣病患者さんに会わず、公務と言ってテニスをしていたのを思い出します。


roxol
http://twitter.com/#!/roxol666666/status/72640544848887808
議事堂にしろ首相官邸にしろ文科省からすぐそばですよ。




ラベル:高木義明 鈴木寛
posted by はなゆー at 21:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国民の生活よりも権力者の道楽を優先させるのは北朝鮮と同じですね。
Posted by nekonekoneko at 2011年05月24日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

福島県の親との面会を拒んだ文部科学省政務三役の態度は「暴力」と呼ぶべきものである
Excerpt:    「福島老朽原発を考える会 (フクロウの会)」を中心に福島県の子どもの父母が、子どもに対する最大「年間20ミリシーベルト」の被曝上限基準を変えてほしいと5月23日に文部科学省に直談判しようと..
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2011-05-25 23:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。