2011年05月24日

【放射能】昨年の日本政府は「年間20msvでも危ない」と発表!

☆昨年の文科省調査によると年間20ミリシーベルトは危ない
(河野太郎代議士)
http://news.livedoor.com/article/detail/5581560/

つまり年間20ミリシーベルトどころではなく、累積で10ミリシーベルトからこうしたがんにより、健康に影響が出ているということを、文科省の調査が示している。

(略)

繰り返すが文科省の調査によると、年間10ミリシーベルトではなく、累積して放射線量が10ミリシーベルトを超えたあたりから、がんによる死亡率が増えている。

文科省は、年間20ミリシーベルトを主張してきたが、自らの委託調査は、その数字は安全ではないとしている。





posted by はなゆー at 19:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文科省がかたくなに基準を下げないのは健康被害の賠償が増えるからだ!
1ミリシーベルトは約60兆個の人間の細胞の一つ一つに一回ずつ放射線を浴びせて破壊するのだ。
0,1マイクロの内部被曝は100ミリの外部被曝に相当する影響を与える。
Posted by トラウト at 2011年05月25日 13:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。