2011年05月24日

〔資料〕昨年3月の文科省発表「年間20ミリシーベルトだと危ない」

kiyomizu(ドイツ在住邦人)
http://twitter.com/#!/kiyomizu5/status/72351610646429696
ドイツの物理学者に聞いた。日本政府は子供1年間放射能許容量20mシーベルトは子供を1年間東京からニュ―ヨークまで500回飛行機に乗せ飛ばすこと。 気が狂っているのか。皆病気になる。とんでもないと激怒された。



☆昨年の文科省調査によると年間20ミリシーベルトは危ない
(河野太郎代議士)

http://news.livedoor.com/article/detail/5581560/

http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/673.html

つまり年間20ミリシーベルトどころではなく、累積で10ミリシーベルトからこうしたがんにより、健康に影響が出ているということを、文科省の調査が示している。

(略)

繰り返すが文科省の調査によると、年間10ミリシーベルトではなく、累積して放射線量が10ミリシーベルトを超えたあたりから、がんによる死亡率が増えている。

文科省は、年間20ミリシーベルトを主張してきたが、自らの委託調査は、その数字は安全ではないとしている。


              ↓


樋口宏実
http://twitter.com/#!/hirochiyan/status/72972306158325760
無責任を超えたきちがい政府や!



Ryouma
http://twitter.com/#!/tosamoto/status/72970250567680000
怒るで!ほんまに!二枚舌政権か!



kibidou
http://twitter.com/#!/kibidousakichi/status/72993300646334464
これの基になったのがこの報告
(注:PDFファイル)
http://www.rea.or.jp/ire/pdf/report4.pdf
10mSV以上である種のがんの増加傾向が見られるが、


kibidou
http://twitter.com/#!/kibidousakichi/status/72994964325404672
明確な因果関係があるかどうかは、現状の死亡率が7%で調査期間を延ばす必要ある。と書いている。現実に戻り、もしかしたら健康に影響ある線量(20)を基準にしてもよいのか?という話になる。分らないことを適用してはだめと小生も思う

【送料無料】隠される原子力・核の真実

【送料無料】隠される原子力・核の真実
価格:1,470円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。