2011年05月26日

〔放射能〕東京都の重要計測データーが隠匿された可能性?

▼ 3月15日東京の放射線量増加
Abnormal increasing Radioactive in Tokyo
http://www.youtube.com/watch?v=hMKo9ZmhEjo&NR=1
3月15日8時ごろの、原子炉爆発で東京(台東区)の放射線量が急上昇。12日よりモニターしていたが、通常値の10倍近い値まで上がった。しかし、その後、異常値ではあるが、低下傾向である。斎藤糧三撮影




▼高崎に設置されたCTBT放射性核種探知観測所における放射性核種探知状況 (PDF)
http://www.cpdnp.jp/pdf/110427Takasaki_report_Apr23.pdf



野上ゆきえ(東京都議会議員)
http://twitter.com/#!/nogamiyukie/status/73634358036148225
確かにプルトニウムは研究センターの機器では対応できません。ストロンチウムは同センターから日本分析センターへもっていき測定は行っているとのことです。



伊藤隼也(ジャーナリスト&写真家)
http://twitter.com/#!/itoshunya/status/73636996660215808
詳細な情報をありがとうございます。ストロンチウムを計測していながらdataが公表されないのは何故ですか?また一番重要だと思われる3月15日以前のdataも開示されていません。都内の土壌サンプリングも何カ所かで行ったと聞いていますが開示はいつですか?



伊藤隼也(ジャーナリスト&写真家)
http://twitter.com/#!/itoshunya/status/73638396060377088
都庁の関係者が隠している可能性がある?と話していました。可能性ですよ!!
http://113.35.73.180/monitoring/index.html





《おまけ》

▼ 〔グラフ〕福島市や水戸市の3月15日の数値はやはり高かった

データは、福島第一原子力発電所の事故を受けて都道府県が行っている放射線量の観測結果をNHKがまとめたものです。単位はマイクロシーベルト毎時(μSv/h)。

福島市
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/houshasen/fukushima/index.html

水戸市
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/houshasen/mito/index.html




胡麻緑
http://twitter.com/#!/mirukumi/status/72543114505625600
小出先生はその3・15東京の放射能データーをご自分のセミナーで公表しようとしたが、所長から待て!と。パニックへの危惧。でも、小出先生は情報を常に公表してパニックをむしろ防ぐと考えると。


堀成美
http://twitter.com/#!/narumita/status/72543310127960064
小出「個人の名前は出せないが、私の同僚でも圧力を受けてデータを出せないことがあった。政府は情報を公開し住民から信頼をえてほしい」後藤「安全に関わるようなことで、情報を伏せるなんてありえない」行政監視委員会


mo5tea
http://twitter.com/#!/mo5tea/status/72606378933485568
小出裕章氏が発表を制止されたデーターはこれ!
http://twitpic.com/51e73h

(注:PDF)
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/home/11.3.25tokyomienaikumo.pdf




▼世田谷区深沢の3月15日の大気浮遊塵中の核反応生成物
(注:PDFファイル)
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/whats-new/keisoku-0331-0315.pdf



posted by はなゆー at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。