2011年05月27日

原発裁判で推進派に有利判決の最高裁判事が「東芝」役員に天下り

☆味村治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%B3%E6%9D%91%E6%B2%BB
法務省では商法改正作業に取り組み、内閣法制局長官時代には「旧憲法下では昭和天皇に戦争責任はない」「大喪の礼は憲法の政教分離の原則に反しない」などの見解を示したほか、新元号「平成」の決定にもかかわった。




馬占山
http://twitter.com/#!/MaZhanshan/status/73876022310879234
【三宅勝久記者の新記事】 伊方・福島第二の2つの原発裁判で、原発安全性にお墨つき与える判決下した最高裁判事がGEと提携する原発メーカー「東芝」の役員に天下り


安音
http://twitter.com/#!/39witch/status/73920507807936512
四国電力と東電第二原発の建設許可取り消し裁判で、原発の安全性にお墨付きを与えた「味村治元最高裁判事」が、東芝の役員に天下っていた。衝撃の事実。活断層が真下にあり2000年に一回の巨大地震が迫る伊方に

         
             ↓

http://www.mynewsjapan.com/reports/1437

【送料無料】大和朝廷

【送料無料】大和朝廷
価格:1,008円(税込、送料別)




posted by はなゆー at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。