2011年05月28日

仙台市では保護者が保育所内で放射能を測定することが「違法」

菊地淳
http://twitter.com/#!/kikutijun/status/73974954173022208
仙台市では、保護者が、保育所内で放射能を測定することが許されていません。自分の子供がどのくらいの放射線のもと、保育されているのを知るための行為が、禁じられています。「保育」以外の行為に当たり、違法だそうです。私は、昨日も、そして今後も違法行為を続けさせていただきます。


Anonima
http://twitter.com/#!/Van0321/status/73986149164662784
保護者が保育所の放射線量測定するのが違法って、本当に? そんな法律あるんですか? 


菊地淳
http://twitter.com/#!/kikutijun/status/73988493172416512
仙台市保育課の一日待たされた上での見解です。


Osum Shunsak
http://twitter.com/#!/o_sh/status/74241990065274880
仙台市民は「放射能はないことにしよう」とする行政の枉法に悩まされている。


菊地淳
http://twitter.com/#!/kikutijun/status/74247219661901824
村井宮城県知事は27日復興特別委員会との意見交換で、原発事故に関し、小中学校の校庭やプールなどで、放射線量の測定を検討する考えを明らかに。「慌てる必要はないと考えてきたが、牧草から許容値を超す数値が出た。学校敷地内の測定も今後検討したい」(河北新報)なんとも悠長な話だ・・・


菊地淳
http://twitter.com/#!/kikutijun/status/74276243259932673
宮城県知事が、放射能測定について「慌てる必要がない」と思い、対策を講じなかった責任を県民は問うて良いのではないだろうか。原子力安全対策室には、連日放射能測定を求める声が沢山あったにも関わらず無視し、安全を誇張した責任は?この間、注意する機会を奪われた子供及び保護者に対する責任は?


菊地淳
http://twitter.com/#!/kikutijun/status/74285183695732736
今回、意外に保育所に抗議が少なく親に危機意識が比較的小さいのは、やはり両親が仕事に追われ、子供のことを考える余裕すらない現実を示しているのではないか。今回子供を守るために、一番真剣に戦っているのは、主婦の人達であり、母により、人は生かされていることを実感する。母は強し、父は弱し。


東海アマ管理人
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/74283609825083392
村井宮城県知事の一連の姿勢は、放射能被曝を「計らず公表せず」だったが、今では「計らせず公表させず」に変わり意図的に子供たちへの被曝が存在しないことにさせている。もはや怠慢でなく意図的殺人と考えるべきだ。村井を糾弾せよ!こんな有害無益知事を当選させたのは誰だ!



ゆかりんりん
http://twitter.com/#!/YutanLoveSea99/status/72279975268581376
福島中通りに住んでました。色んな自治体を当たり、今は埼玉に避難しました。その事を義理家族に責められ、旦那とも離婚の危機です。福島の嫁ぎ先を捨てたとか、嫁のくせに、と責められていますが放射線量高いし子供達を守るには避難するしか方法が浮かびません。どうか非難(原文ママ)指示を出して…。助けて…


しろ(福島市から疎開中)
http://twitter.com/#!/korym11/status/74072263997132802
中通りなど線量の比較的高い地域で自主避難したくても家族間で対立したりしてる問題がかなりある。その事にもスポットをあてて欲しい。子供の命を守りたい母それを非難する周りとのギャップに苦しんでいる人もたくさんいる。そして自主非難(原文ママ)には政府からの支援は一切ない事も問題

【送料無料】横溝正史読本改版

【送料無料】横溝正史読本改版
価格:540円(税込、送料別)




posted by はなゆー at 10:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かまわず測定を続けましょう。
もし、市側が弾圧の動きに出たなら、市長をリコールしましょう。

ちなみに、市長の奥山恵美子は民主党系です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E6%81%B5%E7%BE%8E%E5%AD%90
Posted by nekonekoneko at 2011年05月28日 11:21
もう、訳がわからない事になってしまいましたね。
身を守る自由も許されないのでしょうか?
むしろこのような事例を成立させた者を違法であるとして処分する事は出来ないのでしょうか?
むなしい限りです。
Posted by BANANA at 2011年05月28日 12:24
仙台に実家があります。電話で母に聞くと「今は放射能どころじゃないと言うか、そもそも話題にもなっていない」との事。確かに復興に向かって大変なんだろうけど意外なほど普通な感じで、逆にこちらが心配になります。隣の県の事なんだし、宮城県民はもう少し危機感を持つべき。
Posted by 梶浦未亜 at 2011年05月28日 13:06
共働きで、保育所が必要で、意見できない…と、しても。

将来、被曝の結果で発病した場合の負担とは、金銭的な面だけでも、比較にならないのでは。

自主避難では、補償がでない…そうですが(なぜ!?)、

東電、国、県…いずれの財政も、膨大な被災者全員に、しっかり対応できるとは考えにくい現状を認識し、補償を当てにせず、動いて頂きたいと思います。

なぜ、よりによって子供を犠牲にするのか…。
理解できないし、したくない。
Posted by ときどき at 2011年05月28日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。