2011年05月28日

福島第1原発の敷地で1015・1マイクロシーベルトを観測していた

☆千マイクロシーベルトの高線量も 地震直後の未公開値発表
(共同通信)

http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052801000377.html

http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/846.html

公表済みの10分ごとの測定値の間を埋める2分ごとの値などで、同12日午後3時半前に、毎時1015・1マイクロシーベルトという高い線量が計測されていたことが新たに分かった。



posted by はなゆー at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。