2011年05月28日

〔放射能〕狡猾な東京電力が「トリックアート」式に未公開データを発表 

☆東京電力、未公開の放射線量データを発表 (読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110528-00000429-yom-sci

http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/853.html

東京電力は28日、福島第一原子力発電所の事故が発生した3月11日から7日間に記録した放射線量の未公表データを発表した。

(略)

新たに公表したデータの最高値は15日午前8時55分に正門付近で記録された毎時3509マイクロ・シーベルトだった。この期間の最高値は、すでに公表されている同9時の毎時1万1930マイクロ・シーベルトで変更はない。

12日午後3時13分から翌13日午前9時までの測定車による測定値は毎時1000マイクロ・シーベルトを超える高い線量も記録されたが、この時間帯は全く公表されていない。





☆福島第一原発、燃料棒の露出続く 
(3月16日2時29分の読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00898.htm

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak47/msg/354.html

東電などによると、14日に水素爆発で原子炉建屋が吹き飛んだ3号機付近で15日午前10時22分、毎時400ミリ・シーベルト(40万マイクロ・シーベルト)の放射線量を観測。3号機の西約1キロ・メートルにある同原発正門では、同日午前9時に毎時11・93ミリ・シーベルト(1万1930マイクロ・シーベルト)を観測した後、午後1時50分にようやく同1ミリ・シーベルト台を下回り、同3時現在には同0・65ミリ・シーベルト(649マイクロ・シーベルト)まで下がっている。


             ↓


468 名前:名無しさん@3周年[]
投稿日:2011/05/28(土) 15:40:32.67 ID:yvcDu09D [4/5]
3号機のそばで40万マイクロ・シーベルトが出たから、
1キロ先の正門なら最大でも20分の1だったので、
そっちのデータを公表しました。
東電よ、詐欺師の手口とかわらんぞ。




☆トロンプ・ルイユ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%A6

トロンプ・ルイユ(Trompe-l'œil、騙し絵)とはシュルレアリスムにおいてよく用いられた手法・技法である。ただし、シュルレアリスムに限って用いられるものではない。フランス語で「眼を騙す」を意味し、トロンプイユと表記されることもある。今日では解りやすく「トリックアート」と呼ばれる事も多い。
(略)
大きさや長さについて錯覚を起こさせるような作品




posted by はなゆー at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。