2011年05月30日

〔放射能〕首都圏の学童に「小児低線量被曝」に酷似した症状が多発

☆首都圏での小児低線量被爆症状? 木下黄太ブログコメント欄が衝撃的。
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/914.html
投稿者 sarabande 日時 2011 年 5 月 29 日 23:13

阿修羅の鼻血多発情報はうそじゃなかった!
一刻も早く、医師会がチェルノブイリを参考に調査し、政府に現状と対策を進言せよ!
こういうときぐらい、医師会は感度よく組織的に働け!歴史的な事態が現在進行形で起きていることを自覚せよ!

以下木下ブログより引用。コメント欄は元ページで参照を

(注:URLは
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/945898fc22160543b404a9ca949cefe5
が正しい)



このことについて、まだ、医学的な確認が取れていませんが、確認がとれるのをまっていたら、事態がさらに進行する危険を感じ始めたため、先に書いておきます。きのう、百人が参加した、松戸の講演会でも、この話が出ました。東葛地区でとくに最近、喉の痛みや、リンパの異常などを訴える子どもたちが多くなっていると言う話です。身体がだるくなる、元気が出ない、風邪でもないのに咳が出る、など。口の中に金属っぽい感覚がすると言う話や、乾燥していないのに顔の皮膚がひりつくという話が出ています。ふだん全く鼻血を出した事のない子どもが、鼻血を出すと言う話も。医療機関に相談するケースが増えていると聞きました。言うまでもなく、おきているのは子どもだけでなく、大人にも同様の症状が起きているという話ですが、子どもの方が目立つと言うことです。 勿論、関係のないケースもあるかもしれませんが、非常に心配される話です。さらに、神奈川から聞こえてきた話は、中学生の野球チームが三月の二十三日に半数が吐き気と下痢、鼻血を突然出して、動けなくなった事。食中毒でなく原因がよくわからない話になっていて、その後子どもの体の切れが悪く、大幅に調子が落ち続けている事。

 この東葛エリアで、のどの痛みを訴える子どもたちが、3月後半から、急増しているのではないかという情報をどう精査するのか。もちろん、別の感染症のはやりも考えられますが、放射性物質による影響であれば大変ですから、症例数を確認して、何か有意な事がいえるのかどうかを検討する作業も行われそうだと聞きます。こうした、被曝による症状として、何らかの因果関係が推定される事象があるのなら、体内に取り込んでいる放射性物質をホールボディカウンターで計りたいと言う要求はとても増えると思います。国が駄目なら、民間で資金を集めて、少しでも増設するようにと、考えるしかありません。この被曝量を計るべしという考えは、この被曝による影響の見積もりがいまだに為されていない不安感を払拭するために必要です。台数が少ない事を理由にして、ほとんど計測できません。

 きょう、「チェルノブイリのかけはし」という団体の野呂代表とも話をしましたが、チェルノブイリでのいろんな活動経験から、低線量の被曝地域の中の方が、初期症状が出易いと言う認識を話をされます。「東京も、基本的にはチェルノブイリの低線量地域並みに汚染されている」とお話になります。ここの団体の相談会にも、首都圏のお母さんから、かなりの相談が寄せられています。喉の痛みを訴える相談はかなり集中してきている事、子どもの抵抗力が落ちてくる事。鼻血もあるし、粘膜の異常を訴えることもあるそうです。とにかく子どもたちに元気が出ないという話なのです。「福島はチェルノブイリのゾーン1とかゾーン2の移住ゾーンですが、高濃度被曝だから初期症状がチェルノブイリの時の感覚ならまだまだすぐにはわかりにくいですが、低線量の地帯の方が、初期の被曝と見られる症状が、はやくでる」という認識だそうです。重症な身体の不調でなく、軽微だが異常がおきる症例がはやくおきるということです。

 僕も考えますが、ここには、免疫のシステムが関係しているのかもしれません。体内に入った異物を取り除きたい身体のシステムが、いろんな不調を示しているということ。まだ、それが機能するだけ、被曝レベルが大きくないのかもしれません。しかし、これから考えると、低線量の被曝が継続して続いていて、土が汚染され呼吸からも放射性物質を受け取り、さらに野菜などの食物や牛乳などから内部被曝が恒常化する状態に首都圏がおかれる恐怖と言う事です。つまり、危機はもう三ヶ月近くも、水面下で続いていた訳で、段々と、幅が狭まっている気がしています。

 野呂さんは「都会は雨で表面の汚染が薄まるから、むしろ食べ物による内部被曝の警戒が、移住と言う選択よりも優先では」ともおっしゃいます。福島ほど差し迫っている状況ではないですが、ただし、危険はあるということです。「茨城や千葉は、土壌が多い場所なので東京よりもさらに心配です。コンクリートはまず流れていくが、土は流れない。チェルノブイリの問題は土に放射性物質が残留して大変だったのです。大都市部の考え方はちがうかもしれない」とおっしゃいます。ここは、人により見解が分かれるかもしれませんが、危機の対処をどうするのかと言う事です。

 本当はどうなるのかは確実には分かりませんが、ちゃんと分かったときには既に大変な事態なのです。白血病や甲状腺のガンといった明確な状態ではなく、あいまいな免疫系等の初期症状などに繋がるケースは容易に想定されます。ソ連が隠しているかもしれませんが、当時チェルノブイリから130キロのキエフは、被曝被害がほぼないとされ、放射線管理区域にも入っていませんでした。しかし、実際は、この街でも子どもたちの健康被害は出ています。そして、東京は、現在の一部の土壌調査の数字が、放射線管理区域のゾーンにあることを示しています(勿論これより低いところもありますし、東葛地区などでは、さらに高い希望移住ゾーンになる場所がある可能性も否定はできません)。そうすれば、子どもに、喉の痛み、リンパ、免疫系等の異常を示す話が出ていも、なんらおかしくはありません。

 とにかく、事態はさらに猶予がならないことになっている可能性が否定できません。最低限、お子さんの内部被曝を避けるために、野菜、牛乳の産地を厳しく吟味して下さい。以前に製造されている脱脂粉乳も最後は選択肢にしてください。水産物は、小魚や貝などから注意が必要です。産地をチェックする作業を怠らないで下さい。

 首都圏での子どもの異変についての情報で、曖昧な形で書き込めるものは、コメント欄に。具体的な情報は、連絡先を添えてメールでお寄せ下さい。コメント欄で書いている方でも、具体的にさらにお伝えいただける方は、是非メールしてください。これは大切です。医師の皆さん、特によろしくお願いします

 未明に書いて消えた原稿よりも(コピーいただき復活しました。ありがとうございます。)、さらに懸念が高まった原稿です。どうも、当初想定よりも、最近空間への大量放出がおきていないのに、深刻な状態が、東京などの首都圏にもうおきはじめていれば、大変な話です。話が深刻で、首都圏住民に強い警告になりますので、書くことを躊躇する気にもなる話ですが、僕はやはり危険がある可能性を言うしかありません。

 一緒に自分や自分の大切な人の身を守ることに努力してください。事態は切迫していますし、そのために大きな流れが始まっている気がします。声をあげるしかありません。





01. 2011年5月29日 23:31:22: hhs64GQzQQ
「低線量地帯のほうが、高線量地帯よりも、初期被ばくの症状が早くみられる」
これは初めて知りました。関東の人は、「鼻血がでた。でもまさかそんなことは‐‐」と考えずに、放射能被爆を第一に考える必要があるかもしれません。福島原発事故は、未曾有の原発災害ですので、恥ずかしがらず、医者にも被爆との因果関係を強く訴えるべきです。

 「チェルノブイリで起こったことは、日本でも全部起こる」(細川弘明先生)。




02. 2011年5月29日 23:33:08: xfCehTcdtA
学校はほとんど国と関係が無い地方自治体単位なんだが
学校単位とか、さらに国には管理されないPTA単位での声が出てこないのが不思議だよね。



03. 2011年5月29日 23:52:38: FmB0JlnSpg
>東葛地区でとくに最近、喉の痛みや、リンパの異常などを訴える子どもたちが多くなっていると言う話です。身体がだるくなる、元気が出ない、風邪でもないのに咳が出る、など。口の中に金属っぽい感覚がすると言う話や、乾燥していないのに顔の皮膚がひりつくという話が出ています。ふだん全く鼻血を出した事のない子どもが、鼻血を出すと言う話も。医療機関に相談するケースが増えていると聞きました

5月7日千葉県松戸の地面で8マイクロシーベルト計測!
http://www.youtube.com/watch?v=uZfK1-GCPUo



04. 2011年5月30日 00:00:54: xxqANskk3w
首都圏の子供や父兄を避難させるなんて物理的に不可能だしパニックになるから、ガンや白血病が多発しても、屁理屈ならべて因果関係を認めないだろう。こんなことは本来ネット住民ではなく厚生労働省が率先して調査すべきことなのに。とにかく問題を先送りすることしか考えていない。








07. 2011年5月30日 00:30:48: OIxNYWfJog
(略)
低線量被曝 (湘南)
2011-05-29 19:13:52
湘南で医者をしています。

被曝による症状なのか、たんなる咽頭炎なのか、非常に判断に苦しむ所であります。ただ、ここ数週間で、咽頭の痛み、慢性の咳を訴える患者さんは増えているのは事実です。慢性の咳としてはマイコプラズマや百日咳なども原因菌となりますが、当初からそういった細菌に効果のある抗生剤を出していても効果の出ない方が非常に多いです。

季節の変わり目で片付けられる物であれば良いのですが、自分の息子もこの2週間ほど珍しく咽頭痛と咳が止まらずにいたので心配していました。ここまで咽頭痛が長引いたり、咳が長引くことのない子供でしたので、、、、。


鼻血 (kt)
2011-05-29 19:21:23
はじめてコメントします。

茨城県南部在住ですが、7歳の息子が先週、生まれて初めて鼻血を出しました。そして今日も。
ぶつけるなど外部からの衝撃は全くなく、突然たらーっと。今日は車内でした。
頭がガンガンすると何度か訴えてきたり、手首と足首が痛いといいます。熱はいつも平熱です。

小児科に連れて行こうかと思っていた矢先、今こちらを読んで血の気が引く思いです。
どうしたらいいのでしょうか。この地からは引っ越すことはできる状況にないです。
このまま住み続けていいのでしょうか。 

家庭内で食べ物には気をつけていますが、小学校は県産物が中心です。どうしたらいいでしょう。。。
母として、なにができるのでしょうか。。。



体調 (千葉北西部)
2011-05-29 19:31:52
私自身体調は3月中ごろからずっと良くありません。咳と喉の不調です。
周囲を見渡しても、その頃から熱が出ない咳や、喉がおかしくて医者に行く人の話をよく聞きました。
レントゲンを撮られてしまい、更なる被曝をしてしまいます。
喉が調子が悪いので、外出もままならない状態で、これがずっと続くとなると、かなりの行動範囲縮小をもたらし、精神的にもよくありません。非常に鬱陶しい症状です。

学生は免疫力の低下で、集団でインフルエンザの流行を引き起こしております。こんな時期にはありえないです。
ひょっとしたら、インフルエンザウィルス自体も放射能で変化しているのでは?などと考えたりもします。(想像で申し訳ありません)
学校からもメールでインフルエンザの件、お知らせがきましたので間違いありません。
とにかく、若者まで体調不良になっています。いい季節なのにも関わらず。
うちの子供もインフルエンザにはまだかかっていないものの、頭痛や腹痛ですでに休んだり、早退してきたり遅刻したりしています。停学にならないか心配。


体調変化 (siroiyamaneko)
2011-05-29 20:02:03
もともと花粉症で5月連休あけて10日間はマスクをしていましたが、
このところ(5月中旬以降)少し油断して、時々外出時、10分程マスク無しで数回出歩きました。

のどと鼻の粘膜に少しの痛みといがらっぽさ、気管支はがらがらする違和感が、今までと違います。以前であれば花粉に油断してもこのような違和感はありませんでした。



のどの痛み、咳、下痢、鼻血 (埼玉県南部20代前半)
2011-05-29 20:55:41
元々普通の方より身体が弱いせいか、ただ単に疲れているだけなのかわかりませんが、被曝症状か?と思われる症状が出ています。

まず、鼻血が出ました。喉の痛み、咳は三週間ほど前から続き、いまは少し治まっています。下痢は1ヶ月以上治りません。元々、お腹は弱く、下しやすいですが、こんなに長引く下痢は初めてだとおもいます。

外出時は、基本的に花粉用のマスクをしています。職業柄、仕事中はマスクができないので、仕方なく、ふつうに過ごしています。

わたしの周りでも喉の痛みを訴える方が非常に多いです。鼻血、下痢も聞きました。周りは、ほとんどがマスクをしていませんし、水、食べ物も気にしていません…。テレビの報道を信用して、害がないとおもっている、もしくは、害があっても構わないと言ってます。「気にしたらキリがない」と。



鼻血と集団貧血 (ひるまはるみ)
2011-05-29 21:31:12
はじめまして。
板橋区に住んでいます。
練馬区・板橋区に住む方々にフラを教えている者です。
震災後、生徒の子ども達(小学生)
そしてそのお母様方から「鼻血」の
話をよく聞きます。

毎回、クラスの誰かが授業中に鼻血を出している。
今まで出したことないのに鼻血が出た(大人も子どもも)。
最近とにかく鼻血がよく出る(いつも出す傾向にある子)。

朝礼で一気に30人もの子ども達が倒れた。
その後朝礼で、
いつもより相変わらず倒れる子が多いとのこと。

座っているのにいきなり倒れるというような貧血を
繰り返す子もいる。倒れた直後目をさますまで記憶がないとのこと。
(医者は異常なしというが、数日後また同じ症状で倒れた)。

「地震」については今だみなさん注意を払うものの、
「放射能」の言葉を出すと、黙ってしまい
なかったことにするように話題がそれてしまいます。

雨の中、ずぶぬれのままサッカーをされていたり、
雨上がりでの校庭での運動会練習など、
話を聞く度、不安で不安で仕方がありません。
この時期に運動会という都内の小学校は多いようです。

あまり、お役にたてないかも知れない気づきなのですが、
どうしても気になりましたのでコメントさせていただきました。



鼻血 (milgyu)
2011-05-29 21:49:45
初コメントです。新宿区在住です。
小学生(8歳)の娘が、先日、生まれてはじめて鼻血を出しました。
ほかにもクラス内で5人ほど鼻血を出した子がいるようです。
高熱が続き、インフルエンザなどの検査も陰性で、原因不明といわれた子もいます。

最近多く飛んできていた黄砂にも放射性物質が含まれていると聞いたことがありますので、
Wパンチなのかも知れません。

できる限りマスクなどをしたり、食材に気をつけるようにしたいと思います。



Unknown (メロンパン)
2011-05-29 21:54:04
はじめまして。いつも拝見させていただいています。
今日の内容があまりにショックでしたのではじめてコメントします。
12才の娘と7才の息子がいます。足立区在住です。福島の原発の最初の爆発時から数日は子供の通学や習い事(雨の日は休んだり)と気をつけてすごしましたが、やはり時間がたつにつれなかなか気をつけてやれていません…
娘はもともと鼻血を出しやすい子なんですが、暑い時期でもないのにまた最近出だしたので、おかしいなと思っていた矢先でした…
先週の金曜日も下校時、夕飯時と1日に二回も。
また息子は障害児でもともと障害の影響で便秘ぎみなのですが、この間たびたび下痢になっていて原因がわからなかったのです。
胃腸炎だとうんちの色が薄くなるので分かるのですが、この間は突然普通のうんちが下痢になるのです。
今日も胃腸炎ではないうんちで下痢。あと全く風邪の症状のない喉の違和感(本人はイガイガするらしく度々「のど、かぜ」と言っていました。)
咳もたびたび出ています。これは扁桃腺の弱い私も同様の症状があります。
つい朝までなんともなかったのが突然いがらっぽくなり痛みがでる感じです。
息子が障害児ということもあり体調の変化や病状の見立てには私もある程度詳しいのですが、この間の子供たちの「なんだかどっちつかずの病状」が今回の記事の内容に当てはっている気がします。
正直、一体真実はどうなのかはっきり知りたいです。




雑草の処理 (たら)
2011-05-29 21:55:18
梅雨入り前にと思い、庭の雑草を取りました。いつもなら庭の片隅に置いておくか、量の多いときには燃せるゴミに出すのですが、どう処理したらいいのか分からないまま、ゴミ袋に入れて敷地内に置いてあります。場所は神奈川県の大磯で、汚染の深刻な場所という認識はありませんが、かといって確実に汚染はされているものと思われます。どなたかアドヴァイスをお願いします。



のどの痛み  (ゆずは)
2011-05-29 21:58:48
はじめまして。毎日読ませて頂いて 大変勉強になります。いつもありがとうございます。
私は栃木在住の主婦で1歳と3歳の息子がおります。
私もなんとなく疲れやすくなり のどはいつもひりひりしています。そしてきわめつけはお風呂上がり目がかゆい&のどが痛い!
先日エアコンをつけたら最高に痛くなり これから来る夏本番に向けてどうしようか悩んでいます。
原発のこと 放射能のこといろいろ勉強していますが 最近話題になってる 放射能物質を除去できるのでは? と期待されているEM菌。我が家でも取り入れています。スプレーして掃除するだけで のどの痛みが和らぎ お風呂のなかでも子供にかけたり。野呂さんもサイトでおすすめしてるEMゴールド高いですが 家族で飲んでいます。
子供の被曝より農家への補償をきにするあまり風評被害をなくそう という動きに戸惑い 憤りを感じます。農家さんももちろん被害者ですが子供は一番の被害者。大人のわがままで作った原発なのに。
スーパーでみかけたがんばろう東北牛乳。ぞっとします(農家さんごめんなさい)牛乳と卵はかなり濃縮されます。みなさん気をつけてください!政府のみなさん 責任のなすりつけをしてる場合ではないのです。国民の税金でお給料をもらってるんだからしっかり仕事しなさい!





10. 相馬仁 2011年5月30日 01:10:27: UY7d2Se5/XFTQ : FVfQJ8R1lU
はじめて投稿いたします。
私は現在調布市に在住の者です。これから書きますのは、極私的な「体感」と観察でありますので、本当にご参考までにご覧頂きたく存じます。
他の方にお話する意味はあまりないことですが、私は幼少時より、比較的敏感な肉体的感受性があると認識して来ました(つまり他人からは、思い過ごしと認識されること多し)。

さて、その私の体感では、三月上旬までは、例年の飛散花粉による連続の鼻水と目のかゆみを覚えていて、毎日山のようにティッシュが消費されていました。三月中旬に至り落ち着いておりましたが、下旬より、盛んに目じりが痒く、鼻水が大量に出て、毎朝起床時に、鼻粘膜がカサカサで息苦しく目が醒めるようになり、毎朝何枚も鼻をかむようになり、血が混じるようになりまして、それが一ヶ月弱継続しておりました。

また、その間、体中でピンポイントに、弱き痛みを伴う痒みが発生して、毎晩睡眠が困難な状態となりました。

その状態が再び弱くなって現れたのは、五月上旬でした。
今では体が痛痒くなるので、感覚的に「それ」(つまり放射性降下物と自分は判断するところのもの)が多い日は分かる様になっています。

ここからが書き込みの本題ですが、当方は現在、調布市中心地の保育園に勤務している事務員で、かつ防災担当者です。事務員というのは、園内すべての園児の情報を耳に入れることが多い立場であり、園児が今どのような体調不良で休んでいるのかを、朝のミーティングで確認します。

それゆえ、上記にあげた自分の体調の推移が、子供たちに起きた健康上の異変と、リンクしていることに気がつくのに、時間はかかりませんでした。

水道水の汚染のニュースが駆け巡りまして、水道が大変不安と、子を持つ親なら殆どが思いました。その数日後から、子供たちに下痢が発生し始めました。その数は、0歳児が最も多く、クラスの三分の一、一歳児、ついで二歳児、五歳児、三歳児と四歳児は同数という分布で、低年齢児ほど、顕著な状態でした。

さらに、少数とはいえ、鼻血の報告がボツボツ入ってきました。「生まれてはじめての」と言う言い方とともに。

その他、いったい何の流行か分からない、風邪か、発熱、気分が悪くなる園児がボツボツと医務室(事務所とドアひとつで繋がっている)にやってくるという状態であります。

以上のことは、当保育園では認識されてはおらず、私も上司に伝えてはおりません。園の方針は、市役所の指示に従い、市は都に従い、都は官僚の通知に従うのですから、対策が取れませんから、逆浸透膜浄水器(放射能がかなり除去できる)の設置も進言しましたが、否定されましたし、基準値以下とは言え、汚染された食品の流通を意識しないことで、やり過ごしている現状ですから、自分の体感・観察という根拠なき言動は、園全体としては迷惑行為となるのが実情です。

自分は以前から、人工的放射能は人類に手に負えないものであるというスタンスの人間です。情報もフクイチ事故より日々チェックしております。しかし、周辺で情報をチェックしている職員、保護者は、数名しか居ないと思われます。

マスコミの情報以外を知らぬ、それを基準にする以外を知らぬ方々ばかりですから、大切な子供たちの生命が脅かされるのを感じる身としては、日々苦しさが増すばかりです。

さらに言いますと、私の認識では、敗戦よりここ日本では、表向きの民主化、主権の移管があった裏側で、軍産複合体の支配が連綿と続いているという認識で、故に、三権は分立せず、官僚の不正はおろか、司法、検察警察も、いわゆる正義ではなく、利権構造の一部であると、一市民として認識してきました。

故に、今回の政府対応が、東北住民の穏やかなる殺人(語彙が強くて申し訳ありません)として見え、東電に対して警察が全く動かない不思議も、利権構造の内にあるから不思議ではなく、原発訴訟がほぼ敗訴に終わるのも、司法も利権構造に取り込まれている(※以上、全てではありません、大半は、です)故に、国民の訴えに、動こうとはしない実態の裏側は、元より国民は無視されている「基本」があるからというのが、一市民の見解としてあります。(私はなにも活動に参加はしていませんので、一市民としての意見です。)

その点を、何れの原発反対運動をされている皆様が、知ってのうえで、子供たちの未来(生命・健康)を守る、子孫から環境を借りている大人として、もう自滅しか先のない進み方を転換して行きたいと切に願う一人です。





11. 2011年5月30日 01:50:32: vQ1CaZNV6g
小学生の子供を持つ都内の母です。
先週、うちの子供からも、同級生に鼻血が増えているという話を聞き
ぞっとしました。下痢のようだったというお子さんもひとり。
低線量被曝に関しては、本当に心配しているところです。

>学校単位とか、さらに国には管理されないPTA単位での声が出てこないのが不思議だよね。

学校単位でなんて、出てきません。学校は、何を言っても「区からの連絡を受けて判断してから考えます」ですからね。
区は「都からの情報を精査して考えます」
都は「文科省からの情報を精査して考えます」
その繰り返しです。
うちの校長も、気概があると思っていましたが、指示がないと動けない、単なる公務員でした。

またPTAは、基本、現在東京は安全であるはずだ、と思っているお母さん方が多いのか鼻血が出ても、今の現状がおかしいと思っている方はいないか、もしくは声を高らかに上げるお母さんは、あまり多くない(いない?)気がしますのでPTAとしても動けないのかもしれません。

ここからは私の私見ですが…

心配しつつも、「東京も危険じゃないか」と行動をしようとする母親が少ないのは…
せっかく買った住宅ローンのためなど、経済的な理由もあるかもしれませんが、この放射性物質の問題の初期に、よくネットでも見受けられた
「福島や茨城県北部は避難すべきだけど、東京の人が避難するなんて馬鹿げてる」
的な、そんな声が多かったのも理由ではないかと思います。
「福島のほうは大変だけど、私たちは東京だから、危ないだなんて、言ってはいけない」
というような感じが、やはり今もあります。
情報弱者で、ネットを見ないお母さんは、さらに危険という認識がないかもしれません。

かくいう私たち母子も、夏をめどに転校を考えています。
原発からの放射能も心配ですが、とにかく、行政に期待できないということが一番ショックで、この地で子供を安全に育てられる自信がなくなりました。

でもまだ誰にも言っていません。言ってもバカにされるだけでしょう。
そんな中傷に心を揺らすより、まずは自分の子供を守ることに専念します。
私が行動すれば、後に続く人も出るかもしれないと思うので、
やっぱり初期症状の今、行動すべきと感じています。
(遅いかもしれない、とも思っていますが…)

願わくば、福島原発が、夏まで…、いえ、今後ずっと、じっとしてさえいてくれればありがたい…
作業員の方々、本当にありがとうございます。そして申し訳ありません。




13. 相馬仁 2011年5月30日 03:23:29: UY7d2Se5/XFTQ : FVfQJ8R1lU
「11. vQ1CaZNV6g 小学生の子供を持つ都内の母です。」さま
心中お察しいたします。私の甥が通う小学校では、余り校庭で遊ぶな、というささやかな抵抗?が、事故発生から二ヶ月弱はありましたが、現在はすっかり忘れ去られております。
母親である当方の姉にしても、情報は日々見ていますが、子供たちに対する危機感は、あきらめたのかどうか分かりませんが、たまに世の中への愚痴程度出る感じで、身内としてはイライラしますが、周辺ではそれ以上の無頓着ですから、まだましです。

気がついている方には、疎開、引越しを伝えたいと思います。
当方は中年で独身ゆえ、内外被爆でも結構、大切な人々のことを思えば、シニア行動隊で原発に行こうと覚悟しております。死ぬのは怖いですが、死を恐れては居ません。(唯物論者ではないので、存在の不死を基本としています。)

周辺の母親たち、特に各種情報に触れ得ない人々の基本的姿勢は、あなた様のような気がついた少数の方々に、非難の想いを抱くように、社会と学校で植えつけられて年数が経過しています(いわゆる洗脳)。

それが、あなたが失望した行政の意図してきた事である以上、現在の日本人のありようは、まさに術中に嵌った状態だと感じます。故に、行政も大衆も、あなたの気持ちや期待には、180度の反応しか示さないのが、「普通」だと思います。

それら、見事なまでの主体喪失から、非難の目が、気がついた人々へ向けられるのは当然至極という、そのくらいで見ておかれて下さい。

キツイことを更に申せば、官僚も政治家も、警察も司法も、日本国民などどうでもいいという基本スタンスの権力(大本は海外にあり)に、飴と鞭(飴とは利権の下請けであり、鞭とは一族郎党の根絶やしの脅迫)による、雁字搦めの日本国という檻に入れられていると考えて見ては如何でしょうか(吐き気がしますが…)。

福島県民は、わざと逃がさない(放射能の影響のデータ取りのため)、日本人には飲食の内部被爆のデータ取りのため、モノ扱いが権力の基本スタンスと見ています(悪魔のような、とは全くぴったりの表現です)。

気がついた方々は、何にも自分を卑下したり、罪悪感を持つ必要はありません(というか、私たちは罪悪感(及び虚無感)を抱くように、洗脳を受けてきました)から、ご自身の感覚と判断とをもって、お子様とご家族の人生をかけて、リスクは大きめにとり、先に行動し、安全は後から確認なさることをお勧めいたします。(京大の小出助教も、そのように危機管理について、言及されていました。)

ご指摘のように、金銭面と所有(家屋等)によって、縛られているのが、私たちです。当方の伯母も福島市在住で、前日様子を見に行きましたが、高齢ゆえ高放射能汚染地帯でも、移動を進めることは出来ませんでした。
家中の若年者が他県に事故以前に移り住んでいたので、その点だけ安堵して、しかし後ろ髪をひかれる思いで戻りましたが、一見平和で、自然豊かな美しい風景を見て、涙が流れました。死の風が吹いていることに。

どうぞ、子供さんたちの命、健康の道筋をつけるために、日本人が洗脳されてきた「所有」という考え方に縛られず、誰でも地球人というぐらいの自由な生き方を、ご家族と共に、目指して頂きたいです。全く、罪悪感など、植えつけられた概念のしがらみを握りしめるのでなく、本来、私たち人が生まれ持った、豊かな感性、豊かな想像力を発揮して、お子様たちに伝えていって下さいませ。

遠くからではありますが、心から応援しております。




14. 2011年5月30日 04:02:08: dv1PHh8yUs
11さん、私も応援しています。
もし私があなたのお子さんの立場だったら、大きくなった時に、きっとあなたの今の決断に感謝すると思います。


15. 2011年5月30日 06:46:13: kP1IxQVwaI
我が家の真ん中の子どもは鼻血を3週間前に5日連続で出しました。
末っ子は1カ月前から週に何度も嘔吐します。
二人とも強いアレルギー体質で粘膜が弱いです。
放射能も化学物質なので、アレルギー反応が出たのではないかと思います。
あの爆発以来子どもたちには外に出るときはずっとマスクはさせていますし、歯磨きも水道水を使いません。
食べ物もどこの物かわからないものは、なるべく食べないし、飯山一郎さんの言われているとおり発酵食品を多く取るようにしています。




posted by はなゆー at 07:34| Comment(9) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「11. vQ1CaZNV6g 小学生の子供を持つ都内の母」さま
同じ考えの方が近辺にいらして、心強く思います。とはいえ、私は未だに何処へ避難すべきか悩んでおり、どことも決まっておりませんが。。。

こちらは神奈川在住で小2娘と年長息子がおります。
独身時から食べ物や環境にこだわってきた私ですが、娘が生まれ、洗剤や添加物に敏感だったため、蕁麻疹や皮膚の腫れ等で、やはりこれは食べてはいけないものなんだぁと我が家の指標になっております。
その娘の症状がこのところ顕著になってきました。6月2日のパートが誰かと替われたら中野サンプラザに連れて行こうと思っています。

3月11日以降、は登校以外、外に出ない生活をしていたので、3月末に5日ほど京都で過ごしました。そこでは街中を歩き回っていました。行って三日目から二人とも鼻血が出始めました。もともと出しやすい子達なのでホテルの乾燥が原因かと思っております。震災後間もなく、娘の舌が赤くなり痛いと言い出しました。普段から頭が痛いということもあったので気にしてはいませんが、春先から頭痛は続いています。
先週、授業中毎時間のように鼻血を出したと先生が心配して連絡を頂きました。昨日、台風の雨の中、習い事のために恵比寿に1日いっておりました。疲れのせいかもしれませんが今朝、腫れた顔で耳の後ろと首の後ろ側が痛いと言いだしました。普段、便秘の娘なのでこれで下痢症状が出たらと思うと気が気でなりません。
関東を脱出する決断はついたものの、果たしてどこへ行けば良いのかが解らなく、悩む毎日です。
Posted by さぁと at 2011年05月30日 09:39
幼稚園児をもった母です。
爆発後翌日は窓を締め切り家にいましたが、16日午後からは子供と外で遊んでしまいました。生活に影響が出るレベルではない、セシウムは重いので飛ばないと言われるままそう思いました。その後結構公園で過ごす事が多かったです。
週末寒い日があったせいとずっと思っていましたが、のどからくる風邪と微熱が4月20日頃あり(鼻はまったく出ない)直りきらなかったせいか下旬頃まで首のリンパが丸く腫れていました。その間子供と自分は一度鼻血を出しました。
すべて風邪のせいと思っていましたが、40年以上生きていてリンパ腺はれたことが無かったので、原発直後の子供との生活を後悔する日々です。
東京北西部
Posted by yu-yu at 2011年05月30日 12:18
0才と2才の母です。
下の子は爆発の少し後から一月以上下痢が続いてました。整腸剤とノンラクトミルク、ミネラルウォーターで対処して今は落ちつきを取り戻しつつありますが不安は不安です。
上の子はちょっぴり食欲が落ちたような…でもオヤツはよく食べるけど…前より顔色が冴えない気がするのと、目の下のくまが気になってます。鼻血と下痢はまだ出てません。
私は外出すると喉が痛くなるのと、肘と膝の関節が痛いような怠い感じになります。
夏に引越しを考えてますが、皆さんが言う様に何処へ行ったらいいか悩んでます。九州や沖縄のように数値の低い所でも事故が長引くと蓄積する点でどうなのか、北海道など長期間の放射性物質を含む積雪が残る点でどうなのかなどです。それでも避難しないよりはずっと意味があると思ってますが。また関東や東北から移住する放射能被害に対してアンテナを高くしている人達の近くに住めたら心強いのに〜と思ったりします。
Posted by 神奈川在住 at 2011年05月30日 16:53
やっぱり偶然ではないのだなぁという思いです。
ここのところ、喉がとっても不快だったり、痛くなりやすいのです。

私は昔から喉が弱いので普段からプロポリススプレーを喉が痛い時に使っているのですが、先月ふとした事から、プロポリスが「放射線に良い?!」という話を小耳にしたので、どの程度本当かしら?という思いから、ネットで放射線とプロポリスの関係について調べていました。

すると、プロポリスや他の天然の成分が、放射線防護効果があるのではないか?という研究が何年も前に、確かにされている事が分かりました。また、いつくか国の機関にも直接問い合わせをしたのですが、確かに天然物質による放射線防護効果研究がされており、動物実験の段階までは、抗酸化作用と免疫力の向上に関係があるという事が学術的に証明されていました。

千葉にある放医研でもある研究者がプロポリスや緑茶などの抗酸化作用のある天然物質が放射線に有効であるという論文でフリーラジカル学会で賞を受賞している事が分かりました。

確かにプロポリスは癌の治療(副作用)にも良いと聞いたことが有るのですが、良く考えてみれば、癌の治療は放射線などを使いますので、免疫力が向上する事で、副作用が軽減されるというのも一理あるのだなと思いました。

どこで聞いてもプロポリスは健康食品の域を脱せずですが、まだまだ人間が解明出来ていない事がこの世の中に沢山あり、天然の抗酸化作用のある物質がこの未曽有の事態で私達人間を救ってくれるかも知れないと思わずにはいられませんでした。

http://www.nirs.go.jp/report/nirs_news/200901/hik05p_2.htm

http://jdream2.jst.go.jp/jdream/action/JD71001Disp?APP=jdream&action=reflink&origin=JGLOBAL&versiono=1.0&lang-japanese&db=JMEDPlus&doc=04A0498622&fulllink=no&md5=450c38c83d4139c99e74ac6648e7d457

私が使っているプロポリススプレーはブラジル産で、喉が痛い時には多大な効果を発揮してくれます。また、私の場合以前は変な咳も出ていましたが、それも止まりました。すぐに他の県や国に避難する事の出来ない人は、こういう物でも信じて賢く使えば自己防衛は少しは出来るのではないでしょうか?

人間への実験が出来ないのは分かりますが、プロポリスは天然の抗生物質とも言われている位ですから化学物質とは違って害はないはずです。将来を担う日本の子供達を放射線被曝から守る為に使えないの?、福島第一で作業している作業員の方達にも使えないの?でしょうか。

もっと放射線防護の可能性のある物については積極的に研究を進めて欲しいと思います。放射線との戦いは長期戦なんですから!
Posted by peg at 2011年05月30日 16:59
11さん
都内在住の私は、子供たちと一緒に、3月末から九州に避難していて先日帰って来ました。
食材や、大気の汚染にあまり注意を払わないで済む生活の中、子供達も、のびのびと外で遊んでいました。

11さんが、夏休みをめどに引越しを考えているというのは、正しい判断だと思います。
子供は、嫌がるだろうし、恨まれもすると思いますが、「いつか、この子達が親になった時、わかってくれたらいいな」くらいの気持ちで、実行されたらいいと思います。決めるのは親にしかできません。(ウチの子達は、友達を置いて自分たちだけ逃げるのか、と泣きました。キツカッタ…)

私も、できることなら帰ってきたくはなかったです。初期被曝は避けられたと自分を納得させ、今は、雨に怯え、スーパーの野菜が北関東ばかりなのに困惑しながら日常を送っています。

経験からひとつだけアドバイスさせてください。
東京からの避難というのは、東京の人でさえ「なんで〜!?」という人が多い中、行き先の土地ではもっとわかってもらえない、と思った方がいいです。もちろん、東京の人たちにもわかってもらえない。ご自身でも書いていらっしゃるように、バカにされます。わかる人にだけわかってもらえればいいや、くらいの気持ちで。

この問題は、人によって情報量と考え方に差がありすぎるので、「わかってもらおう」と思うと、傷つくことも多いし、疲れます。
そもそも、「わかってもらおう」とするのは、自分がバカだと思われたくないからなのかもしれませんよね…。

11さんは、子供を守ろうとして行動を起こそうとしています。どんな情報も信じられない今、自分を信じていいと思います。がんばってください。
どこに引っ越すのか、決まったらまた教えてね。
私も行くかもしれません…。

やむを得ない事情で東京に戻ってきましたが、情報を得ることは休まず、いつでもまた避難する準備はしています。
Posted by 疎開帰り at 2011年05月30日 17:28
小学生の子供を持つ都内の母さま

よく決断されましたね
我が家も決断しましたが今夜から再検討開始です
義母の賛成がとれませんでした
家族は一緒に暮らすべきだと意見です
思春期の子供達が父親と離れ暮らす事の方がリスクがある、との心配です
実際、そうだとも思います
でも健康であっての悩みとなるかもしれませんね
何かを犠牲にせずにはいれない現状なんです
後で後悔のないよう主人と道を見つけます
ちなみに私は、どうして爆発の日に西へ移動しなかったのかと悔んでいて今もここで暮らしている事を懸念しています
食材は西から宅配し排泄食事(玄米、味噌汁)を心がけてもいます
それでも空気は吸わないと生きていけませんもの内部被曝は避けれませんよね

今、中学生の長男に聞いてみたら
鼻血は周りで見かけるとの事
貧血も度々あるとの事です
多摩東部


Posted by 子供を守りたい母 at 2011年05月30日 18:00
本当におかしいですよ
うちの従業員20代も、風邪ではないのに
喉が痛むと、4月の頭ごろ、ずっといってましたし。

私も、まだ喉痛いですし、頭痛が出る。

蓄膿症の患者増えてますし。

3月21日近辺なんか、雨の後、突如腕に皮膚炎出された方もいましたよ。
Posted by 東京都民2 at 2011年05月31日 02:31
3月21日は仕事で外出しなければならず、用心して雨にあたらないようにして車に乗り込みましたが、大雨だったのと、乗り合いの乗車だったので、衣服の一部が濡れてしまいました。その後、3、4時間後に、突然の原因不明の下痢が仕事中にありました。その日は一日中、なぜかひどいダルさがあったことをはっきりと記憶しています。メルトダウンの報道があってから、あの症状が被爆によるものとは思いたくないですが、ネットの情報や週刊誌の記事などを見かけるにつれ、その憶測が現実に近づきつつあることに不安を禁じえません。
Posted by 埼玉北東部在住40代のおやじ at 2011年07月05日 00:29
3月21日は仕事で外出しなければならず、用心して雨にあたらないようにして車に乗り込みましたが、大雨だったのと、乗り合いの乗車だったので、服の一部が濡れてしまいました。その後、3、4時間後に、突然の原因不明の下痢が仕事中にありました。その日は一日中、なぜかひどいダルさがあったことをはっきりと記憶しています。メルトダウンの報道があってから、あの症状が被爆によるものとは思いたくないですが、ネットの情報や週刊誌の記事などを見かけるにつれ、その憶測が現実に近づきつつあることに不安を禁じえません。
Posted by 埼玉北東部40代のおやじ at 2011年07月05日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。