2011年05月30日

〔放射能〕今朝のNHKニュースで山下俊一教授の「助言」が放送された

田中龍作(ジャーナリスト)
http://twitter.com/#!/nainaiyou/status/74976266809384960
(NHKニュースで)山下センセイ「福島県では大雨に特段の対策を講じる必要はない」。 ならば雨樋の出口で検出される高い放射線量は何なのだろうか? 福島の人々にすれば子供騙しにもならない。




Endo Mshr
http://twitter.com/#!/sin_tek_bi_hun/status/74978138991497216
NHKはあいかわらず山下俊一氏の放射線についての評価を採用している。これが、「みなさまのNHK」なのか。


田中和宏
http://twitter.com/#!/Inagine/status/74975637978365952
「福島県で採取された塵からは放射性物質は検出されていない。大雨に対して特段の対策を講じる必要はない。」御用学者山下の妄言。これを多くの人々が観る朝のニュースで垂れ流すNHKは殺人黙殺放送局。



酒焼けわんわん
http://twitter.com/#!/boonyz/status/74965841736773633
NHKが朝のニュースで長崎大・山下俊一の言葉を報じていた。悪魔曰く、雨にぬれても大丈夫。
原発事後も収束しておらず、ドイツ気象庁も東京地区への流れ込みを報道してる状況で、新たな安全デマを流布するNHKの罪は重いよ。




http://twitter.com/#!/y_n20110414/status/74977027760988160
今朝、NHKのニュースで、山下俊一長崎県大学教授の「空気中に放射能は“ない”から大丈夫」というコメントの報道。これ迄、安心神話で、福島の人達を被ばくさせてしまった山下教授のコメントを、検証もなしにNHKは取り上げてよいものか。罪深過ぎる。




784 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(関西・北陸)[]
投稿日:2011/05/30(月) 07:20:32.61 ID:zBJ490+gO [2/2]
ふくいちで現在、放射性物質は検出されておらず、
大雨に特段の備えはいらないBy山下俊一@NHK



791 名前:放射能さん@お腹いっぱい 忍法帖【Lv=1,xxxP】 (長屋)[さげ] 投稿日:2011/05/30(月) 07:22:55.64 ID:qQXKRQpJ0 [47/50]
検出されないとかどんだけデマなんだよ。



810 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(千葉県)[sage]
投稿日:2011/05/30(月) 07:32:13.09 ID:EZlwx8sK0
ああ見てたわ、あんなの流すなら山下の発言全部流せよなと思ったよ。
あれでまた爺婆が騙されて若い層が犠牲になるかもしれないのに。
許せんわこいつ。



807 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(東京都)[] 投稿日:2011/05/30(月) 02:53:31.48 ID:RlMLvQql0 [2/2]
飯舘村 山下教授 「洗脳の全容」
http://tanakaryusaku.jp/2011/05/0002408




767 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(福島県)[sage]
投稿日:2011/05/29(日) 08:42:21.46 ID:vjXOGjyT0 [2/7]

謎の発言。避難地区から避難したことさえ不本意だったのでしょうか?

2011年3月21日14時- 山下俊一氏・高村昇氏
「放射線と私たちの健康との関係」講演会(前半)
http://ameblo.jp/kaiken-matome/entry-10839525483.html
(山下)
私が敢えて今回、このように皆様方の前に立って、専門家としてできるだけ分かりやすい話をしたいと思う理由は、国民がこの原発事故を通じて初めて、理科音痴が解消されるかなと期待しているからです。
皆さん福島県民は原発がここにあるので、よく放射線の事をご存知で、放射能のことも知っているのかなと思ったけれども、何の事はない皆逃げ出している。出て行けと言ったら、皆出て行ってしまった。



posted by はなゆー at 09:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
癌家系に生まれていないが、癌家系の事実は多少なりと知っています。
若い人ほど癌を発症すれば進展が早く年寄りほど進展が遅い。
私の知人の家系が癌家系で爺さん婆さん、お父さんと癌で亡くなっているが、婆さんが何年も癌に侵されているがなかなか亡くならないのにお父さんに癌が見つかったら1年ほどで亡くなった。
また私の従兄弟が癌を発症したことが判明したと思ったらすでにステージ4で手の施しようがなく3ヶ月ほどで逝ってしまった。
左様に癌は若い人が発症すれば即死を覚悟する必要があるようだ。
乳幼児や若年層は青年から中年期以上の人より放射能に敏感で有るべきで青年層以上でも定期検査で気にかける必要を感じる。
老齢の方々はおそらく御用学者の説明で充分な状況だが自分より若い層には大変な事だと認識し言動に注意することが肝要だ。
Posted by あらいぐま at 2011年05月30日 10:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。