2011年05月31日

〔放射能〕愛媛県沿岸の海底から微量ながらもプルトニウムを検出

〔5月30日(月)発表〕5月28日から5月29日にかけて愛媛県内で捕集された大気中の塵、降下物及び水道水を測定した結果、人工放射性核種は検出されませんでした。

また、伊方原子力発電所周辺環境放射線等調査において、海底土から放射性セシウム(Cs-137)、土壌・海水からプルトニウム(Pu-238,239,240)が検出されましたが、濃度はごく微量であり、人体等に影響はありません。

http://www.pref.ehime.jp/h99901/houshasen/kankyo.htm




posted by はなゆー at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。